金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

金の購入と売却でちょっとした利鞘

金の購入と売却でちょっとした利鞘を稼げるチャンスがあります。

金を購入する際は、その時の消費税率に応じて消費税を支払うわけですが、ここからがポイント。

金を買取に出す際には、なんと消費税分が買取価格に上乗せして受け取れるのです。

ということは、消費税が上がる前に金を買っておくと、増税後の売却により、消費税の差額分が利益になるということになります。

この応用としては、消費税率が低めの国で金を購入し、ヨーロッパなどの消費税が高い国に持ち込んで売るといった利益の上げ方も有り得るかもしれません。

自分で買ったり人からプレゼントしてもらったりしたけど、何年も使っていない貴金属製品をずっと死蔵していても一円の得にもなりません。

心当たりのある方は、貴金属買取のお店に売却することをお勧めします。

金は劣化しないので、古いアクセサリーでも価値があるのです。

24金(K24、純金)であれば、今は1グラム約4800で流通しています。

それと比べればやや低めの買取金額になりますが、だとしても十分、思った以上の値段で手放すことができるでしょう。

デザインが古いとか、年齢が合わなくなったとかで、もう使わない金製の指輪やネックレス、イヤリングなどを持て余している人は案外多いようです。

そのまま眠らせておくより、買取に出すことをお勧めします。

貴金属買取のお店はたくさんありますが、相場の動きや、その店での買取額がいくらになるのかを見て、一番高く売れるのはどこか、色々と見て比べてみるといいでしょう。

また、手数料の有無などでも大きな差が出るので、よく調べて、有利な店を探してください。

手持ちの金製品を買い取ってもらいたい場合でも、価値が高い内に急いで売ろうというのは得策ではありません。

何と言っても、僅かな情勢変化により、金は買取額が上下しやすいという性質があるからです。

なので、刻々と変わる相場に目をつけ、最適のタイミングで買取を依頼することこそが、買取で得をするカギとなります。

普段意識しないことですが、我々の周囲には金でできていたり、一部に金が使われている製品が案外多いものです。

中でも金歯はよく知られていると思います。

こういうものも金買取で値段が付くので侮れません。

とにかく金で出来ていれば、形は問わないわけです。

タナボタ感覚でのお小遣いも夢ではないので、用済みとなった金歯をお持ちの人は、迷わず買取に出してしまいましょう。