金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

お手持ちの金製品を買取に出す際、気を付けなければなら

お手持ちの金製品を買取に出す際、気を付けなければならないのは、金の相場をちゃんと知っておくことです。

安く手放しすぎて後から悔やまないためにも、その日その日の相場を把握した上で、最も得する時を狙って売却するのです。

店が買い取る額は、申込の時の相場によって決まるケースが普通です。

上手く相場の波に乗り、なるべく高値で買い取ってもらいましょう。

最近、国際価格の高騰に伴って金の買取相場が上昇しているようなので、この機会に買取に出そうという方が多いようです。

この時は、原則としては、確定申告をしておかなければ後々面倒なことになります。

購入時の価格以上で売れた場合など、売却によって生じた利益は、給与取得者であれば原則的には譲渡所得として扱われますが、インゴットなどの地金の売却であれば、50万円までは控除されて非課税になります。

色々と複雑な計算はありますが、要約すると、50万円以下の譲渡所得であれば全額控除が可能なので、金売却に税金はかかりません。

そこのお店で売却すればいい値段になるなどと言うからお店に行ってみたら、全くそんなことはなく、むしろ相場より低い額で買取に応じてしまった、などというケースはよく耳にするところです。

最近増えてきた買取ショップの中には、こうした悪質なことをしている店も少なくないようですから、十分気を付けなければなりません。

こうした被害に遭ってしまった時には弁護士もいいですが、先に消費者センターに相談するのをお勧めします。

ずっとプラチナだと思っていた指輪などを買取ショップに持って行ったら、実はプラチナの代替品であるホワイトゴールドだと判明したという何とも残念なケースがままあると聞きます。

見た目は似ていますが、両者は全く違う金属で、価値も大きく異なります。

プラチナは大変希少で、金を上回るほど高価なので、よく似た見栄えの代替品としてホワイトゴールドが作られるようになりました。

アクセサリーのどこかに「K18WG」や「K14WG」といった表記が刻まれていれば、その純度で金を含んだホワイトゴールドだということです。

ホワイトゴールドも金を含んでいますから、プラチナには価格で劣るとはいえ、勿論、金買取の対象になります。

要らなくなった金のネックレスが買取店でいくらの値段を付けてもらえるか気になるなら、金の純度を示す刻印を見てください。

ニセモノの金でなければ、「K24」や「K18」など、刻印が入っていると思います。

K24が純金で、数字が小さくなるほどに純度が低くなります。

K24というのは純度100パーセント、K18なら純度75パーセントだという意味です。

同じ金製品でも、何割の金が含まれているかによって販売や買取における価格が大きく変わるのです。