金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

金のアクセサリーを買取に出そうという際に、一般的

金のアクセサリーを買取に出そうという際に、一般的に利用されているのは、金買取の専門店や、質屋などだと思います。

ただ、そうした店には独特の雰囲気があって、一人で入るのは勇気が要るという方も多くいるのではないでしょうか。

そんな方にオススメなのが、デパートで実施している金買取です。

常設のお店がなくても、期間限定の催しとして行っている場合も少なくありません。

デパートなら変なトラブルは無いだろうという安心感から、街の買取ショップより人気の場合もあります。

この前、身内が他界して、金の指輪を遺産として相続しましたが、傷物や色褪せているものも中には混ざっていました。

金買取のお店で買取してくれるとのことで、初めてなので不安も大きかったですが、友人から直接の口コミもあり、思い切って行ってみることにしたのです。

査定してくれた方は、目利きのプロといった風情で、終始良い雰囲気でした。

肝心の金額も予想以上のもので、結果的には正解でした。

ずっとプラチナだと思っていた指輪などを買取ショップに持って行ったら、鑑定の結果、白金(プラチナ)ではなく、白色金(ホワイトゴールド)だと言われたといった経験をお持ちの方もいるのではないでしょうか。

見た目は似ていますが、両者は全く違う金属で、価値も大きく異なります。

プラチナは大変希少で、金を上回るほど高価なので、色合いの似ているホワイトゴールドをプラチナの代わりに用いるようになったのです。

ホワイトゴールドは一般に18金か14金です、K18WG、K14WGなどの刻印があれば、ホワイトゴールドです。

ちなみにプラチナなら「Pt」などの刻印になります。

プラチナより価値は劣るとはいえ、れっきとした金の一種なので、勿論、金買取の対象になります。

買取にも色々な方式がありますが、最近増えてきたのが、宅配と振込でやりとりが完結する、宅配による金買取サービスです。

どんなものかというと、買取してほしい品物をまずは店に送って、数日で査定結果が出るのを待ちます。

買取額の通知を受けたら、承諾の返事をし、取引成立になります。

もちろん金額に納得できなければキャンセルできます。

普通はお店が空いている時間に行く必要がありますが、これなら時間を気にせず利用できるので、田舎に住んでいる人や、仕事が忙しい人から好評を得ています。

最近、金の価値が上がっています。

金製のネックレスが買取店でいくらの値段を付けてもらえるか気になるなら、ネックレスの裏などに刻印がないか探してみましょう。

一般に流通している金製品には、製品のクオリティを示すため、「K24」などの文字が刻印されています。

Kはカラットの略で、この数値は金の純度を表しています。

K24なら24分の24で100%が金、K18なら24分の18で75%が金だと思えばほぼ間違いありません。

同じ金製品でも、何割の金が含まれているかによって買取額は大きく変動してきます。