読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

貴金属はどうやって保管すればいいのでしょうか。

貴金属はどうやって保管すればいいのでしょうか。

大資産家はともかく、普通の人は自宅に保管しておくことになりますが、いくらか厳重な金庫を持っておけば、さらに安全ですね。

お金持ちが一定量の金塊を保有するケースなどでは、安心安全を求め、自宅には流石に置かず、銀行で大きな貸金庫を借りている場合や、金を販売している業者が保管設備を持っていて、有償で保存を受け付けているケースもあります。

しかし、どこまでいっても不安だという人は、思い切って専門店に売却して現金化するのも一つの手でしょう。

純金以外にも、金には沢山の種類があることを知っていますか。

純金、つまり100%の金であれば「24K」となり、金の純度が100%未満であれば、「18K」などになります。

勿論これは純金より安いのです。

18Kは24分の18という意味ですから、つまり75パーセントが金です。

金に混ぜる「割金」(銀や銅、パラジウムなど)の組合せにより、18Kレッドゴールドなら銅が多め、18Kホワイトゴールドならパラジウム入りなどのバリエーションがあります。

金を売りたいなら、純度によって大きく値段が変わるのだと思っておいてください。

リーマンショック以降、金の価格が高騰しているそうなので、タンスの奥に眠っていた金製品を、金買取ののぼりを出している店に持って行ったら、刻印が入っていないものは買取れないと言われてしまいました。

刻印がある商品だけなら買取査定できるとのことでしたが、それでは点数も少なく、買取手数料の分だけワリを食ってしまうので、刻印ありも無しもまとめて買い取ってくれる店を求め、貴金属のメッカである御徒町まで行ってきました。

そこでは、金の買取を専門とするプロのスタッフが査定を担当してくれました。

比重検査、試金石検査などで金の純度を調べてくれて、刻印の入っていない金にも全て買取額を付けてくれたのです。

金のアクセサリーを買取に出そうという際に、第一に思いつく選択肢は、買取ショップや質屋さんなどでしょう。

ですが、その手のお店は馴染みがなく不安だったり、一人で入るのは勇気が要るという方が私の周りにも多くいます。

そうした人に嬉しいのが、デパートで利用できる金買取です。

よく見かけるのは、催事場で期間限定のイベントとして開催している場合です。

やはり小さなお店よりもデパートの方が信用があり、初めての方でも利用しやすいでしょう。

手持ちの金製品を買い取ってもらいたい場合でも、善は急げとばかりに、すぐに買取に持ち込むのは賢明ではないといえます。

その理由としては、景気の変化などにより、貴金属は価値に大きな変動が生じやすいためです。

そこで、ネットなどで金の相場を日々確認しておき、高くなったタイミングを見計らって売却することこそが、買取で得をするカギとなります。