読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

金は高級品というイメージがありますが、実は

金は高級品というイメージがありますが、実は私達の身の周りにも金の加工品が案外多いものです。

例を挙げれば、歯医者さんで付けてもらう金歯がそうですね。

金買取店は、こうしたものも買取の対象にしています。

装飾品の形状をしていなくてもいいわけですね。

ちょっと豪華なランチ代程度の臨時収入をゲットできるチャンスですし、作り直しなどでもう要らなくなった金歯があるなら、捨てずに買取店に持ち込むのをお勧めします。

金の相場が1グラム5000円というと、かなり高騰していると言えますが、これはあくまで純金の価格ですから、これが例えば18金(75%の合金)のアクセサリーなどであれば、純金が1グラム5000円であれば、75%なので3500円ほどということです。

ですから、現実の買取では、それだけで200万円になるような18金の重さというのは、大体570グラムといったところでしょうか。

これがさらに10金だとどうでしょうか。

10金は約41%の純度なので、1グラム約2000円ということになり、ネックレスなら10本から20本ほど、合計1キロも集めなければ200万円に達しないのです。

全資産を現金で保有するのは少し不安ですよね。

そこで、ある程度の資産がある人がよく行っているのは、金の形で資産を保全しておく方法です。

これなら景気の影響を受けませんからね。

自分がそういうお金持ちではなくても、知っておきたいのは、数百万円もの金を、どこで、どのように買えばいいのかです。

初めて金を買うときには、金相場に基づくその日の販売価格、買取価格を表に出している、実績のしっかりしたお店で購入するようにしてください。

それならば、金の価格が高騰して、いざ手放したいとなった時にも不安にならなくて済むと思います。

もう何年も使っていない金の指輪やネックレスなどはどなたにもあるかと思われます。

知人にあげるのも捨てるのも何だかなあ、という場合は、買取ショップへの持込みを考えてみてはどうでしょう。

「高価買取」などの看板を掲げたお店も最近は増えてきましたので、手持ちの金製品がいくらになるか複数のお店で見てもらって検討してみてください。

金の取引は昔から犯罪と切っても切り離せない仲であり、時にはお客さん本人が本物と信じていても、当然ニセモノのケースもあります。

金メッキ製品の表面にレーザーで本物同様の刻印を入れるなどして、プロの鑑定士を欺こうとしてくる悪質な手口もあります。

しかし、磁石による検査、刻印周りのキズでも判別できますし、比重計を使えば水に沈めた場合の重さの変動をもとに、比重を求め、金の純度を判別することが可能です。

また、中には比重計で見破れないタングステン製の偽物なども存在しますが、試金石検査という由緒正しい鑑定方法ならば、金の表面を少し削り取ることで、容易に真贋を判別できるのです。