読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

一口に投資といっても対象は色々あります。最たるも

一口に投資といっても対象は色々あります。

最たるものが金でしょう。

値段が崩れないのが金の魅力です。

通貨は国際情勢でレートが変わりますが、金はその影響をほぼ受けないからです。

高級品として世界中で認知されているのも、金の値段が崩れない根拠になっているのです。

ですが、時には相場が大きく変わる場合もあるため、実際に買取に持ち込むなら、事前に金の相場に大きな動きがないか確認する必要があるでしょうね。

買取サービスには昔から色々なものがあります。

最近人気なのは、貴金属を簡単なやりとりで買取してくれる、宅配買取というものです。

この形態は、売却したい品物を専用のパックに入れ、郵送などでお店に送付し、あとは査定結果の連絡があるまで待つだけです。

お店からメールや電話で査定額の連絡を受け、売却を決定するか、額が低いと思えば無償でキャンセルできます。

普通はお店が空いている時間に行く必要がありますが、これなら時間を気にせず利用できるので、お店に行く時間がないという方が主に利用しているようです。

ずっと前から使わなくなってしまった金製の指輪や腕時計などがあるのならば、金・プラチナ買取系のお店に持って行くのもいいですね。

とはいえ、店舗ごとに売却金額は変わりますから、色々なお店のウェブサイトなどをチェックした上で、慎重に店を選びましょう。

一点だけならともかく、いくつも売る場合は、僅かな基準額の差で大きな違いが出るため、なるべく多くの情報を集め、お店選びに活かしましょう。

買取店にとって真贋鑑定は重要です。

時として、一般の人が買取に持ち込んだ金製品が、実は偽物だったという場合もあります。

本物の金そっくりに巧妙に偽装された金メッキ製品で、買取店のスタッフを欺き、買取代金を騙し取ろうとする悪意のケースもあります。

しかし、磁石による検査、刻印周りのキズでも判別できますし、比重計を使えば水に沈めた場合の重さの変動をもとに、比重を求め、金の純度を判別することが可能です。

最近では、タングステン合金を利用して金と似た比重を実現した偽物もありますが、昔から使われている試金石検査という方法ならば、金の表面を少し削り取ることで、本物の金でないことはすぐにわかります。

金買取では売る側にも責任が生じます。

そのため、18歳未満は、責任を取れないので、法律の規定により金製品に限らず、お店で品物の買取をしてもらうことはできません。

加えて、未成年と取引するのは危険なので、法律だけではなく業者側でも買取時のルールを定めており、20歳未満は少なくとも一人では買取を利用できません。

18歳以上20歳未満で買取ができる場合でも、保護者が署名捺印した同意書は絶対に必要です。

それ無しで買取している店はマトモではないので注意しましょう。