読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

金買取業者を名乗るものが突然自宅を訪れ、自宅に

金買取業者を名乗るものが突然自宅を訪れ、自宅にある金製品の売却を迫り、相場以下の値段で買取を行う、訪問購入と言われるスタイルで被害に遭ったという方が最近増えているようです。

まるで持ち主に利益があるかのようなことを言い、簡単に応じないと見るや、半ば脅しのように迫って買取を進めるというケースもあります。

このような業者は詐欺も同然であり、契約書などの手続もいい加減に済まされることが多いです。

被害に遭わないよう十分注意してください。

2008年のリーマンショック以降、今日に至るまでで、ゆっくりとではありますが、金を買取に出す際の買取価格が高くなってきました。

加えて、ここ最近、EU加盟国であるギリシャの経済危機により、預金の引き出し制限も発動されました。

このことも、先のリーマンショックと同じく、金の価値が高騰する引き金であると言えるでしょう。

純金以外にも、金には沢山の種類があることを知っていますか。

よく聞く「24金(24K)」というのは純度100パーセントの金を指します。

純金でなく他の金属との合金の場合は、「18K」などになります。

勿論これは純金より安いのです。

金の割合が75パーセントなら、100分の75ですから24分の18で、18Kになります。

18Kの中でも、金に何をどれだけ混ぜるかによって種類が変わり、銅を多く混ぜればレッドゴールド、銀を多く混ぜればグリーンゴールド等と色々な種類があるのです。

金製品の価値を測る上で、純度は大事ですので、気に留めておくといいでしょう。

金の購入と売却でちょっとした利鞘を稼げるチャンスがあります。

金を購入する際は、普通の買い物と同じく、消費税をとられますが、ここからがポイント。

金を買取に出す際には、なんと消費税分が買取価格に上乗せして受け取れるのです。

ということは、消費税が上がる前に金を買っておくと、消費増税に伴って、売約時の受取額が少しだけ上がって得をするわけです。

にっくき消費増税が逆に味方になるわけですね。

さらに、日本は諸外国と比べて消費税率が低いので、日本で金を購入し、消費税率の高い国に持って行って売却するという方法で利鞘を得ることも可能かもしれません。

初めて金買取を利用してみようと思っている方は、いくらで売れるか誰もが気にしますが、金の価格は一定ではなく、その時の相場によって変わってきます。

貴金属の価値というものは、国際的な相場によって変動するので、店頭で買取してもらう際の金額もそれに伴って変わることになります。

ですから、納得いく金額で売却することを望むなら、テレビやネットの情報に目を光らせ、金の値段が上がったタイミングを見逃さないことが大事になってきます。