読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

金の買取を掲げている店舗では、本当に多

金の買取を掲げている店舗では、本当に多くの種類のアイテムに値段をつけてもらえます。

金買取というとおカネ持ちの世界という気がしますし、投資目的の地金が一般的にイメージされるのかもしれませんが、私達の手の届く範囲にも金製品は意外と多いものです。

メガネや金歯などもその一例です。

金製のメガネフレームや、使わなくなった金歯なども買取ショップでは売却することができます。

不況の影響か、金買取の相場が上昇しているようなので、この機会に買取に出そうという方が多いようです。

この時は、原則としては、税務署で確定申告を行う必要が出てきます。

金の売却によって生じた利益(売却額から購入時の価格や雑費を引いたもの)は基本的に譲渡所得となり、給与所得などと合わせて総合課税の対象になりますが、この内50万円までは特別控除、つまり税金を払わなくていい部分になります。

売却した金を取得した時期によっても計算式は異なりますが、概ね50万円以下の利益なら税金はかからないということになります。

金製品の買取で出来る限り高値を付けてもらうためには、買取時の諸々の手数料がかからないお店を選択するのが何よりの基本になります。

それに、現状の金の価格相場がどうなっているか常に把握することも必須であるといえます。

一度にたくさん売った方が、1グラムあたりの買取額も高めになるので、10グラム程度を手放すだけであれば、そこまでシビアに気にすることはないです。

また、高額買取を前面に出したWEB広告を最近は多く見かけるようになりましたが、相場より高く買い取るなどといった広告はほぼ詐欺か悪質業者ですので、鵜呑みにしないことが大事です。

残念ながら金買取には悪質なケースもあります。

業者が家を訪れ、言葉巧みに金の買取を持ち掛け、相場より遥かに安い価格で買い取っていく、訪問購入と言われるスタイルで被害に遭ったという方が増えているようで、法規制も行われています。

買取が持ち主にとってもメリットであるかのようなことを言いながら、簡単に応じないと見るや、強引に買取を強行してくることもあるのです。

このような業者は詐欺も同然であり、後々の証拠となるような書類もほとんど渡してくれないので、こういう人間が来ても一切相手にせず、追い返すようにしてください。

昔貰ったけどもう使わない、というネックレスをおカネに変えたいと思っている人は、金の純度を示す刻印を見てください。

金製品にはほぼ必ず、「K18」や「K24」などの文字が入っており、これを刻印と呼んでいます。

よく「18金」や「24金」などと言われるのがこの数値です。

金の純度は伝統的に24分率で表されており、K24なら純金だという意味です。

純度が高いか低いかにより、市場価値は変わってくるということです。