読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

近年、金の買取ショップが増え、買取価格

近年、金の買取ショップが増え、買取価格が全体的に上昇しているようなので、買取に出す場合も多いでしょう。

金を売却した際には、例外も多いですが、基本的には税務署で確定申告を行う必要が出てきます。

購入時の価格以上で売れた場合など、売却によって生じた利益は税務上、譲渡所得として確定申告の対象となりますが、地金(インゴットなど)の場合、50万円の特別控除が受けられます。

一年間の譲渡所得や他の利益の合計が50万円を上回らなければ、課税はありません。

あなたが一般的なサラリーマンで、譲渡所得20万円以内なら、基本的に確定申告をする必要もないのです。

金には色々な種類があります。

種類を決めているのは主に金の純度です。

純度は「○K」という形で表され、最大は24K(純金)です。

合金、つまり純金ではなく他の金属が混ざっている場合は、「18金(18K)」などの表現になります。

金の割合が75パーセントなら、100分の75ですから24分の18で、18Kになります。

割金(金以外の部分)の種類や混合比率によって金の種類は変わります。

18Kレッドゴールドなら銅が多め、18Kホワイトゴールドならパラジウム入りなどと様々に色合いが変わるのです。

買取店に金製品を持ち込む際に、大切なのは純度だということです。

業者の人間が突然自宅を訪れ、一方的に金製品を買取させてくれと居座ってくるという迷惑な事例があります。

これは訪問購入と呼ばれます。

お店に売りに行く場合に比べて、買取金額が非常に低かったり、強迫的な態度に負けて売却に合意してしまったなどと、被害を訴えるケースが最近増えています。

しかし、安心してください。

訪問購入については法改正によってクーリングオフ制度が使えるようになりましたから、一度売却してしまっても、8日以内なら契約を取り消して品物を取り戻せると覚えておいてください。

悪徳業者が来た時にこの知識が武器になります。

金に限った話ではないですが、古物買取においては、古物営業法の規定に基づき、買取時の身分確認が徹底されています。

店舗で直接買取してもらう場合は勿論として、郵送買取など、直接店に行かないケースでも同様です。

免許証や保険証、パスポートなど、公的機関の発行した身分証を提示する必要があります。

商品を発送して後日お金を振り込んでもらう形式なら、身分証のコピーを同時に送ることによって店はお客さんの身分確認を行います。

金やプラチナ製のアクセサリーは、昔もらったものでも、ずっと使い続けるのが嫌で処分を検討している人もいるでしょう。

捨てるのもしのびないという人は、買取ショップを利用してみてはどうでしょうか。

注意するべきは、手元の金やプラチナ製品が本物かどうかです。

メッキ加工の偽物の場合もあります。

そういう事態に直面してしまったら、残念ですが、勉強になったと思って諦める他にないでしょうね。