読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

貴金属の買取を行う店舗が最近増

貴金属の買取を行う店舗が最近増えてきましたが、古物営業法の規定に基づき、買取時の身分確認が徹底されています。

従来通りにお店に行って買取してもらう場合は勿論のこと、商品を先に送ってお金を振り込んでもらうなどの形式でも、やはり本人確認は必要です。

買取の際には、免許証など公に認められた身分証明証を店に提示し、個人情報を控えさせることになります。

郵送した商品を査定してもらう場合は、身分証のコピーを同時に送ることによって店はお客さんの身分確認を行います。

税金は何をしても掛かるものですが、ごく少量の取引であれば、貴金属を売却して利益を得ても、税金を課せられることはほぼありません。

もちろん、買取業者の方では、売買で動くお金も莫大ですから、所得額の申告を行い、納税しています。

しかし、個人でそのような取引をすることは無いですよね。

もっとも、税法が改正されることも有り得るので、買取店の人に教えてもらうか、事前に税理士さんなどに聞いて調べるといいかもしれません。

リーマンショックギリシャの経済危機の影響を受け、金の価格が高騰していると聞いたので、専門店で買い取ってもらったという時、年間20万円以上の利益が出ている場合などは、確定申告が必要なケースが出てきます。

金の売却によって生じた利益(売却額から購入時の価格や雑費を引いたもの)は、通常は譲渡所得として総合課税に含まれるのですが、地金(インゴットなど)の場合、50万円の特別控除が受けられます。

金を売却した利益が、他の譲渡所得と合わせても50万円以内なら、全額控除が可能なので、金売却に税金はかかりません。

株式や外貨など、投資の対象となるものは多いですが、中でもゴールド(金)は代表的なものでしょう。

金というものは、資産価値があまり下がらないという特徴があるのです。

通貨は国際情勢でレートが変わりますが、金はその影響をほぼ受けないからです。

世界中どこでも通用する価値を持っているということも、外貨や株式と比べて金が値崩れしない要因です。

まあ、それでも急に相場が変わることもありますので、売却を検討しているなら、ネットなどで金相場を把握する必要があるでしょうね。

家に眠っている貴金属を買取してもらおうかと思ったとき、候補に挙がってくるのは、金の高価買取を掲げているような、街のお店でしょう。

ただ、そうした店には独特の雰囲気があって、そうでなくても恥ずかしくて入りにくいと感じる人が少なくないと思われます。

そうした人に嬉しいのが、デパートで利用できる金買取です。

催事場で、特定期間のみ出店している場合も多いです。

デパートなら変なトラブルは無いだろうという安心感から、あまり慣れていない方にはぴったりだと言えます。