金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

最近流行りの金買取ショップでは、

最近流行りの金買取ショップでは、アクセサリーをはじめとして色々なものを売却することができます。

金製品を買い取るなどと言われると、豪華な屋敷の金庫に入っている金の延べ棒などを思い浮かべる場合がほとんどかもしれませんが、案外、庶民の生活の中にも金製品は溢れているのです。

メガネや金歯などもその一例です。

金製のメガネフレームや、使わなくなった金歯などでも買い取ってくれる場合が多いです。

金の相場が上がっている近頃、金の買取サービスを利用する人は増えており、市場の拡大に合わせて、従来の質屋や買取ショップでも、金買取の広告を前面に出すところが増えました。

中には全国に展開しているようなところもあります。

自宅の近くなど、行動範囲内にお店ができると便利ですし、他の店との競争になることで買取価格が上がるなど、利用客に優しい方向に全体が変わっていくのではないでしょうか。

お客さんに横柄な態度を取るような店は淘汰され、接客の質の良い店だけが残りそうです。

利用客の立場からすれば、プラスの影響が大きいといえます。

派手に遊んでいる子は未成年でも貴金属を当たり前に持っていたりしますが、金買取の店舗では業者自身の取引の安全を守るためにも、未成年者への利用制限が原則としてあります。

なので、成人である証明がなければ買取の利用はできないケースが大半だと思われます。

ただ、一部では、成人していなくても、18歳から利用できる場合もあります。

しかし、未成年であれば保護者のサインなどが必要になってきます。

また、18歳以上で親の同意書がある場合でも、多くの店では高校生からは買取をしてくれません。

昔貰ったけどもう使わない、というネックレスをおカネに変えたいと思っている人は、金の純度を示す刻印を見てください。

市場において金の純度を証明するため、日本製なら「K24」、外国製は「24K」などの刻印が押されています。

Kはカラットの略で、この数値は金の純度を表しています。

K24というのは純度100パーセント、K18なら純度75パーセントだと思えばほぼ間違いありません。

同じ金製品でも、何割の金が含まれているかによって専門店に売却する際の価格も全く違ったものになります。

不要な金を買い取りますという電話を先日受けました。

他の種類の営業電話はよく受けますが、商品を売りに来るんじゃなくて買い取るというのは初めて聞いたので、まずは話を聴いてみることにしたのです。

電話の人が説明してくれたところによると、アクセサリーなどの貴金属や宝飾品で、今は使っていないものがあったら高い値段で買い取ってくれるそうです。

それなら色々あったなあと思って、ネットでさらなる情報収集をしてみることにしました。