読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

高級品の代名詞でもある金とプラチナ。しかし、どちらが

高級品の代名詞でもある金とプラチナ。

しかし、どちらがより高いのかは普段意識することがないでしょう。

ここのところ金の価格も追いついてきましたが、元々高かったのはプラチナです。

昔は特にそうでした。

要因としては、金の20分の1とも言われる、産出量の少なさが挙げられます。

ちなみに金の年間生産量約2500トンに対し、プラチナは約200トンしかありません。

プラチナも金も、錆びたり腐ったりせず何百年でも安定した価値を保ち続けるので、国際情勢に関係なく世界中で需要の高い物質ですが、生産量や流通量のあまりの少なさが、その価格を引き上げる要因となっているのです。

金の買取を利用する上で多くの方が気にするのは、売りたい金製品はいくらの値段で売却できるかという見積を事前に立てられることです。

基本的な算出方法を以下に示します。

金の国際価格はドルで表されています。

それを1トロイオンス(約31グラム)で割って、現時点でのドル円為替レートをかけたものが、その時の日本国内における金価格です。

金価格はネットでも調べられるので、情報を把握しておき、適正価格での買取が行われているのか注意深く判断してください。

ネットや宅配の利便化に伴い、今にわかに人気なのが、ネットで申し込める、金買取の郵送買取サービスです。

これは何かというと、事前に送られてくる梱包パックに商品を入れて店に送り返し、お店での買取と同様、買取金額を査定してもらいます。

買取額の通知を受けたら、納得いく金額であれば了承の返事をし、契約成立となります。

店まで行くのが大変という人も多い店頭買取と違って、時間を気にせず利用できるので、お店に行く時間がないという方が主に利用しているようです。

最近問題になっている事件についてお伝えします。

自宅に業者がやってきて、言葉巧みに金の買取を持ち掛け、相場より遥かに安い価格で買い取っていく、押し売りならぬ「押し買い」とでも呼ぶべきケースが多くなっていると聞きます。

お年寄りや主婦など、与しやすそうな相手を狙って訪問し、売却を渋る場合には、一転して強引な態度に出て、金を買い叩くことがあります。

当然、こういうことをする業者はまともな商売人ではなく、後々の証拠となるような書類もほとんど渡してくれないので、怪しい業者が訪ねてきても相手にしないようにしましょう。

金の指輪やネックレス、ブレスレットなど、かつて気に入っていたけど今となっては身に付けることのなくなった貴金属をそのまま眠らせておくのは得策とは言えませんね。

自分のことかなと思ったあなたには、専門のお店に持っていけば買い取ってくれます。

主な買取対象といえば金ですね。

純金(K24)なら、現在の相場は1グラムあたりおよそ4800円であり、買取相場は一般的にその価格より若干安くなるとはいえ、多くの人が想像しているよりは十分高い額の臨時収入が期待できます。