読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

リーマンショックやギリシャの経済

リーマンショックギリシャの経済危機に伴って高騰している金相場。

今は1グラム5000円ほどです。

それは24金、すなわち純金の話です。

例えば75パーセントが金である18金の場合、純金の75%の価格、つまり約3500円です。

それなりの額、例えば200万円になるような18金は、重さで言えば600グラム弱です。

ちなみに指輪一つが5グラムから10グラム前後、喜平ネックレスなら40グラムから100グラムでしょうか。

また、さらに安価な10金のアクセサリーの場合ですと、10金までいくと純度は半分以下の41%程度。

1グラムあたりの価格は2000円ほどです。

1キロほど寄せ集めないと200万円にはなりません。

貴金属の買取を扱う店舗では、トラブルを避けるため、年齢制限があるのが当たり前です。

したがって、中高生など未成年は買取してもらえないことになります。

ごくまれに、年齢制限が20歳未満ではなく18際未満の場合もありますが、法定代理人である親が署名捺印した同意書が必要です。

加えて、たとえ18歳からOKの店でも、高校生ならやはり買取は不可能です。

ご自宅に眠っている金製品を、少しでも高く手放したければ、買取時の諸々の手数料がかからないお店を粘り強く探してみるといいでしょう。

それに、現状の金の価格相場がどうなっているか常に把握するといった工夫もできるといいでしょう。

少しずつ売るより一度に多く持ち込んだ方が買取額で有利になりますから、ごく少量、例えば10グラム程の買取なら、相場であまり差は出ません。

ネットでは、やたらと高額の買取を謳ったサイトが多いですが、そういう業者に手を出すと無用なトラブルに巻き込まれることが多いので、鵜呑みにしないことが大事です。

普通のサラリーマンが普通に手持ちの金製品を売る程度では、金買取に伴う税金は、控除枠などを適用して実際にはゼロになります。

金買取を行っている業者のほうは、取引の量が個人とは違いますから、しっかり利益を計上し、課税されているはずです。

一方、個人の取引でそこまでの額になることはほぼありません。

なので一旦は安心なのですが、税法が変わることも無いわけではないので、どうにも不安な方は、事前に調べておくのもいいでしょう。

要らなくなった金のネックレスを買取ショップに持っていこうとしている方は、ネックレスの裏などに刻印がないか探してみましょう。

一般に流通している金製品には、「K18」や「K24」などの文字が入っており、これを刻印と呼んでいます。

数値が大きいほど、純度の高い金です。

K24なら24分の24で100%が金、K18なら24分の18で75%が金という印です。

同じ金製品でも、何割の金が含まれているかによって買取額は大きく変動してきます。