読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

純金以外にも、金には沢山の種類

純金以外にも、金には沢山の種類があることを知っていますか。

金の純度は伝統的に24分率で表現され、金以外の金属が入っている場合(合金)なら、その純度に応じて、18Kなどと数値が変わっていきます。

例えば18Kなら、24分の18なので、金は75%ということになります。

金に混ぜる「割金」(銀や銅、パラジウムなど)の組合せにより、銅を多く混ぜればレッドゴールド、銀を多く混ぜればグリーンゴールド等と色々な種類があるのです。

ある金製品が幾らで売れるかの目安として、結果を左右するのは純度というわけです。

金買取の業者って電話でも営業してるんですね。

この前そういう電話がかかってきました。

生命保険や、子供の塾の勧誘ならよくありますが、そういう電話は初めてだったので、話だけでも聞いてみることにしました。

いわく、家にある貴金属、例えば金のアクセサリーなどで、ずっと身に付けていない品があったら買い取ってくれるという内容でした。

丁度、昔買った宝石がタンスに眠っているのを思い出し、ネットでさらなる情報収集をしてみることにしました。

3%→5%→8%と上がってきた消費税。

金の購入時にも、買物である以上、消費税が勿論かかりますが、自分の方が買取店に金を売却する際にも、お店から受け取る買取額には消費税分が上乗せされるのです。

なので、一度金を買っておけば、消費税が上がったタイミングで売ることで、何万円か得することになると言えます。

どうせ消費税が上がるなら、それを利用して得してやりたいですね。

他にも、日本や台湾、カナダなど消費税率の安い国で買った金を、ヨーロッパ諸国など、消費税率の高い国で売ることでも同様に利益を上げられる可能性があります。

金製品の買取をしてもらう際には、買取店の店頭で直接品物を見てもらい、買取をしてもらう形が基本であるといえます。

目利きに長けた専門家がその場で鑑定を行い、すぐに現金化できるため、不安要素はありません。

利用者のために、成約の前にしっかりと説明を設けている場合が多いため、金額をうやむやにされることもなく、しっかり納得して買取してもらうことが可能なのです。

金買取の世界には、業者の方から個人宅を訪れて、しつこく金を買い取ろうとしてくる訪問購入というケースがあり、問題視されています。

お店に売りに行く場合に比べて、買取金額が非常に低かったり、売るつもりはなかったのに、ゴリ押しに負けて売却してしまったなどと、後悔しても時既に遅し、というケースも多かったのです。

ですが、対処法もあります。

金買取の訪問購入に対しては、平成25年以降、クーリングオフ制度が適用されるようになったので、買取に応じてしまった後でも、8日以内は自由にキャンセルができるのを頭に入れておくことをお勧めします。