金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

金の買取がお得だと聞いて興味を持ったけど、

金の買取がお得だと聞いて興味を持ったけど、近くに買取店がない場合もあるでしょう。

そういうときは、郵送での買取を受け付けている店をネットで探してみましょう。

ネットで個人情報などを登録すると、品物を送る専用の容器が送られてくるので、売りたい金製品を入れ、業者に返送すればいいのです。

数日と経たない内に、査定の金額と確認の連絡が来て、その額が納得いくものであれば、承諾の返事をすると、銀行口座への振込で買取代金を受け取れます。

便利な金買取ですが、一部では明らかな詐欺もあるので気を付けてください。

訪問購入には悪質なケースが多いと言われています。

金買取業者を名乗るものが自宅までやって来て、強引に金の売却を迫ってくるものです。

押し売りならぬ「押し買い」と言えるでしょう。

店に売りに行く場合と比べて非常に買取金額が低かったり、売らないと言ったものまで勝手に持って帰られるケースまであります。

話に応じる素振りを少しでも見せると、後が面倒なので、しっかりと拒絶し、自分の財産は自分で守りましょう。

手持ちの金製品を買取に出すとしても、お店選びで頭を悩ませてしまう人もいるかと思います。

折角売るなら、高値をつけてほしいというのは当然ですよね。

いいお店を選ぶ時の要点は、実際に利用した人からのレビューなどです。

口コミでの人気が高ければ、買取に不備がなく、信用が置けるお店であることを示しており、参考になります。

普通のサラリーマンが普通に手持ちの金製品を売る程度では、金を専門店に売却しても税金はかかりません。

金買取を行っている業者のほうは、膨大な量の商品を日々売ったり買ったりしているので、その利益に応じて課税されているはずです。

それに対して、個人の取引額は微々たるものです。

もっとも、税法が改正されることも有り得るので、税理士法人のホームページなどで情報を検索してみるというのも一つの手だと思います。

金の相場価格はネットでも簡単に見ることができます。

今は1グラム5000円くらいですね。

その価格は純金の状態で取引するときの話ですから、アクセサリーによく使われる18金の場合、純度は75%なので、純金が1グラム5000円であれば、75%なので3500円ほどということです。

そのため、例えば200万円以上の額面になるような18金の重さというのは、550から600グラムくらいでしょう。

ちなみに、かつて流行した喜平ネックレスが、重いもので1本100グラム程度です。

近頃は18金よりも安価な10金も増えてきましたが、10金までいくと純度は半分以下の41%程度。

1グラムあたりの価格は2000円ほどです。

これで200万円を稼ごうと思えば、1キログラム以上も必要なのです。