金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

金買取店は最近増えてきましたが、田舎に住んで

金買取店は最近増えてきましたが、田舎に住んでいるなどで買取ショップが近所にない方は、WEB上で気軽に申し込める郵送買取がオススメです。

まずは住所・氏名などを書いてフォームで送信することで、貴金属を安全に送る用の梱包パックが自宅に届きます。

そして、それに売却したい金製品を入れて返送するだけでOKです。

数日と経たない内に、電話やメールなどで査定額の提示があるので、自分がその金額を承諾すれば、銀行口座への振込で買取代金を受け取れます。

不況の影響か、金買取の相場が上昇しているようなので、この機会に買取に出そうという方が多いようです。

この時は、その金額や状況によりますが、必要な書類を揃え、確定申告の手続きをしなければなりません。

金の売却によって生じた利益(売却額から購入時の価格や雑費を引いたもの)は、通常は譲渡所得として総合課税に含まれるのですが、この内50万円までは特別控除、つまり税金を払わなくていい部分になります。

色々と複雑な計算はありますが、要約すると、50万円以下の譲渡所得であれば実質的には税金は課されないということです。

金の相場が上がっている近頃、金の買取サービスを利用する人は増えており、これを新たな商機と見て、街には金・プラチナ買取系の店が乱立するようになりました。

フランチャイズでチェーン展開する例もあるようです。

そういう店舗がどこにでもあるのは便利なことでしょうし、価格競争になることで、買取金額が全体的に高くなったり、全体的に店のレベルの底上げが見込めるでしょう。

お客さんに横柄な態度を取るような店は淘汰され、接客の質の良い店だけが残りそうです。

買取をお願いするお客さんには、望んでいたシチュエーションといえるでしょう。

初めて金買取を利用する際のスタートラインは、どこの店に売るかを決めることです。

高値で買ってくれる店を選ぶことに加え、買取の手続が面倒でないか、郵送買取なら素早くお金を振り込んでくれるか、また、初めて利用する際には、他のどんな条件よりも、その店に信用と実績があるかどうかです。

信用できる情報源は実際に買取をしてもらった人の体験談です。

ネット上で簡単に見ることができます。

不評の店は避け、良い評価が付いているところを選択すれば損することはありません。

昔貰ったけどもう使わない、というネックレスがいくらで売れるか気になる人は、ネックレスの裏などに刻印がないか探してみましょう。

金製品にはほぼ必ず、金のグレードを証明する「K24」などの文字が刻印されていることが多いです。

K24が純金で、数字が小さくなるほどに純度が低くなります。

K24なら24分の24で100%が金、K18なら24分の18で75%が金と解釈してください。

金やプラチナ、シルバーなどでは、全て純度によりその金製品の買取価格も違ってくるということになります。