読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

買取店の鑑定士は常に偽物の可

買取店の鑑定士は常に偽物の可能性に目を光らせています。

精巧に作られた贋物を金と偽って店に持ち込む輩もいます。

メッキの一部に本物の金を厚く盛り、巧妙に刻印を施すなどの方法で、真贋鑑定を突破しようとする詐欺師もいるほどです。

しかし、鑑定士は贋物に対して無力ではありません。

比重計という道具を用いれば、刻印通りの金かどうかは簡単に判ります。

最近では、タングステン合金を利用して金と似た比重を実現した偽物もありますが、試金石という、ケイ酸を多く含む特殊な石を用いて検査すれば、硝酸や王水に融けるかどうかも検査することができ、あっという間にメッキが剥がれ、偽物と判ってしまいます。

若い頃に買ったけどもう身に付けていないといった金製の指輪やネックレス、イヤリングなどというのは、どなたの家にも結構あるのではないでしょうか。

そのまま眠らせておくより、買取に出すことをお勧めします。

金やプラチナの買取を扱っている店舗を探し、サイトやチラシで買取額を調べ、一番高く売れるのはどこか、比較検討するのが賢いやり方です。

その他にも様々な条件で買取価格が変わるので、情報は隅々まで目を通しましょう。

金買取がメジャーになってきていますが、前に私もずっと身に付けていなかった金のアクセサリーを売却しました。

金買取はそれまで利用したことがなく、売却先をどこにするか、自分では思いつかず、ひとまずネットで情報を集めてみました。

その結果、御徒町が貴金属の買取では有名だとわかりました。

老舗の金買取店が集まる一帯があって、その中でホームページがちゃんとしていた店舗を選びました。

実際行ってみるとちゃんとしたお店でしたし、思った以上の値段が付いたので満足しています。

3%→5%→8%と上がってきた消費税。

金の購入時にも、普通の買い物と同じく、消費税をとられますが、買った金を買取店に持って行って売ると、その時の消費税率に応じて、消費税分が買取価格への上乗せという形で自分のもとに戻ってきます。

なので、一度金を買っておけば、その後の売却によって、消費税の増税分を得できるのです。

今まで反発しかなかった消費増税が投機チャンスに思えてきますね。

ちなみに、日本の8%という消費税率は国際的にはまだまだ安い方なので、国内で買った金をヨーロッパ諸国など、消費税率の高い国で売ることでも同じような稼ぎ方ができますが、これは高等テクニックと言えますね。

ここ十年ほどで金の価格が上昇し続けていると聞き、家に眠っていた金製品を近所の買取ショップに持っていったのですが、私が持って行ったものの多くは、刻印がないから買い取れないとのことでした。

中には刻印ありの品もありましたが、数が少なく、査定金額も低くなる上、手数料を引かれるとほとんど残りません。

それよりは一括で買ってくれる店を探した方がいいと思って、金買取で有名な御徒町まで足を延ばしてみました。

御徒町のお店は、町の買取ショップとは違う、本当の専門家揃いでした。

町のショップではとてもできないような専門的な検査をしてくれて、全ての品物を無事に買い取ってもらうことができ、大満足でした。