金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

ずっと前から使わなくなってしまった指輪などの

ずっと前から使わなくなってしまった指輪などの金製品を持っている人は、買取ショップに引き取ってもらうことをオススメします。

ただし、同じ量の金でも店によって買取額の基準や、手数料のシステムが異なるため、ネット上のランキングや口コミなどをよく調べてなるべく高値になりそうな店を選ぶべきです。

特に、売りたいものが多い場合、僅かな基準額の差で大きな違いが出るため、それだけお店の選択が重要になるのです。

プラチナと言われてプレゼントされたアクセサリーを買取に出すと、鑑定の結果、白金(プラチナ)ではなく、白色金(ホワイトゴールド)だと言われたという何とも残念なケースがままあると聞きます。

実はホワイトゴールドだったということなら、プラチナと比べると大幅に価格は下がります。

プラチナは大変希少で、金を上回るほど高価なので、代わりに使われるようになったものです。

日本でも昭和50年代までは代替品の認識でした。

合金であるホワイトゴールドは、一般に18金か14金なので、K18WGやK14WGなどとあれば金が半分以上含まれているホワイトゴールドです。

ホワイトゴールドも金を含んでいますから、プラチナには価格で劣るとはいえ、買取ショップでお金に変えることは勿論可能です。

金製品の買取で出来る限り高値を付けてもらうためには、買取時の諸々の手数料がかからないお店を選択するのが何よりの基本になります。

それに、現状の金の価格相場がどうなっているか常に把握するといった工夫もできるといいでしょう。

一度にたくさん売った方が、1グラムあたりの買取額も高めになるので、10グラム程度を手放すだけであれば、そこまでシビアに気にすることはないです。

ネットでは、やたらと高額の買取を謳ったサイトが多いですが、そういうところは大抵が悪徳業者なので、その手の広告を出している店はなるべく避けるのがいいでしょう。

依頼してもいないのに自宅にやってきて、使っていない金製品を買い取りますなどと言い、二束三文で買い叩いていく、押し売りならぬ「押し買い」とでも呼ぶべきケースが増えているようで、法規制も行われています。

最初は誠実そうな業者のふりをしていますが、なかなか首を縦に振らない人には、半ば脅しのように迫って買取を進めるというケースもあります。

当然、こういうことをする業者はまともな商売人ではなく、もちろん、ちゃんとした契約書なども出してくれません。

少しでも怪しいと思ったらすぐに追い帰すのが吉です。

金の価格高騰に伴い、友人が金を売却してそこそこのお金になったと聞いて、手持ちの金製品を買取店に持ち込んでみましたが、刻印が入っていないものは買取れないと言われてしまいました。

刻印がある商品だけなら買取査定できるとのことでしたが、それでは点数も少なく、少ない点数では手数料を引くとあまりおカネにならないので、できることなら手持ちの品物をまとめて全部売りたいと思って、日本有数の宝飾店街である御徒町へ行ってみることにしました。

御徒町のお店は、町の買取ショップとは違う、本当の専門家揃いでした。

見た目の検査はもちろん、比重を測るための色々な機械を駆使して、無事に全ての金製品を買い取ってもらうことができました。