金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

お手元の金製品を買い取ってもらうにあた

お手元の金製品を買い取ってもらうにあたり留意すべき点は、何より相場の変動に気を配ることでしょう。

できるだけ高い価格で買い取ってもらえるよう、相場を小刻みに確認しておき、最も得する時を狙って売却するのです。

買取市場では、買取申込の際の相場で買取額を決められるというケースが多くなっています。

相場変動を逆手にとって、少しでも高値で金を売るのが賢い方法です。

リーマンショック以降の金の高騰を受けて、今は街中で見かける様々な店で、貴金属の買取を謳って営業しています。

リサイクルショップなどはその好例でしょう。

生活雑貨や電化製品などを買い取ってくれる店ですが、需要の拡大に応え、金やプラチナの買取サービスを始めるところが多くなってきました。

専門知識を持った買取スタッフも常駐しているので安心です。

不要になった貴金属の売却を考えているなら、一度査定してもらってもいいのではないでしょうか。

金買取を利用するにあたっては、どこのお店に持ち込めばいいのか最初は迷うものですよね。

少しでも高値を付けてくれるお店を選びたいというのは利用客としては当たり前の話です。

いいお店を選ぶ時の要点は、ネットで見られる、お客さんからのレビューや口コミです。

ネットレビューで高評価のところは、それだけ買取に満足だったケースが多いということです。

これを参考に、信頼できるお店を選びましょう。

今の金相場はグラム5000円くらいでしょうか。

それは24金、すなわち純金の話です。

アクセサリーによく使われる18金の場合、純度は75%なので、純金5000円に対し、その75%の3500円になるのです。

100グラムで35万円ですから、仮に200万円以上に達するには、必要な量は600グラムほどです。

指輪なら数十個、昔流行った喜平ネックレスでも5本以上は必要でしょう。

また、さらに安価な10金のアクセサリーの場合ですと、10金になると市場価格は1グラム2000円ほどでしかありません。

ネックレスなら10本から20本ほど、合計1キロも集めなければ200万円に達しないのです。

日本経済にも大幅な景気後退をもたらしたリーマンショック以降、今までの間に、少しずつとはいえ、金を買取に出す際の買取価格が高くなってきました。

最近ではさらに、ギリシャでは経済危機の深刻化に伴い、預金の引き出しにストップが掛けられました。

このことも、先のリーマンショックと同じく、買取市場における金の価格が上昇する要因として機能したのではないでしょうか。