読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

お手持ちの金製品を買取に出す際、気を付けなければならな

お手持ちの金製品を買取に出す際、気を付けなければならないのは、金の相場をちゃんと知っておくことです。

安く手放しすぎて後から悔やまないためにも、毎日変動する相場を入念にチェックし、最適のタイミングで買取に出しましょう。

金買取では、申込時の相場により買取額が変動するのが原則です。

上手く相場の波に乗り、可能な限り高い値段で売りたいものですね。

リーマンショックギリシャの経済危機に伴って高騰している金相場。

今は1グラム5000円ほどです。

それは24金、すなわち純金の話です。

これが例えば18金(75%の合金)のアクセサリーなどであれば、純金が1グラム5000円であれば、75%なので3500円ほどということです。

100グラムで35万円ですから、仮に200万円以上に達するには、必要な量は600グラムほどです。

指輪なら数十個、昔流行った喜平ネックレスでも5本以上は必要でしょう。

近頃は18金よりも安価な10金も増えてきましたが、10金は約41%の純度なので、1グラム約2000円ということになり、ネックレスなら10本から20本ほど、合計1キロも集めなければ200万円に達しないのです。

金とプラチナはどちらが値段が高いのかは普段意識することがないでしょう。

ここのところ金の価格も追いついてきましたが、元々高かったのはプラチナです。

その理由には、金と比べても圧倒的に少ない産出量を抜きにしては語れません。

プラチナは南アフリカやロシアのごく限られた地域でしか産出されないのです。

プラチナも金も、錆びたり腐ったりせず何百年でも安定した価値を保ち続けるので、有史以前から世界中で高い価値を認められてきましたが、人の手では作り出せず、地球上に眠っている僅かな資源を発掘するしかないという貴重さが、1グラム5000円を超えるほどの高値の理由になっています。

リーマンショック以降、「ご自宅に眠っている金・プラチナを買い取ります」といった宣伝を行うお店が急増してきたイメージです。

WEB上でも、「金 買取」などのワードで検索をかけると、高価買取を謳う宣伝のページがたくさんヒットします。

どうせ不要の品物を売るのなら、沢山あるお店の中のどこに持って行っても同じと感じるかもしれませんが、金の相場が大きく変われば当然、買取金額にも影響が出るので、相場を見て、最適のタイミングを狙って売るといいです。

最近は金買取のお店も増えてきましたが、その中には専門家による鑑定の費用や、買取に伴う手数料などを買取時の金額から差し引いてくるお店も少なくないようです。

買取時、こういった費用を取る店だったら、色々な名目で買取額が減額されて、最終的に受け取る現金の額が減ってしまう結果になります。

なんだか、業者にしてやられたような気分になります。

特に初めての方は、利用する店舗を決める際に、この点を確認しておくことをお勧めします。