読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

最近、国際価格の高騰に伴って金の

最近、国際価格の高騰に伴って金の買取相場が高騰していると聞いたので、手持ちの金製品を買取に出したというケースでは、原則としては、これを譲渡所得として、確定申告を行わなければなりません。

インゴットなどの地金を売却した際の利益は、給与取得者であれば原則的には譲渡所得として扱われますが、この内50万円までは特別控除、つまり税金を払わなくていい部分になります。

金を売却した利益が、他の譲渡所得と合わせても50万円以内なら、税金はかかりません。

また、年収2000万以下のサラリーマンでその他の所得も20万円以内なら、確定申告も必要ありません。

金買取を利用してみたいと思っても、生活圏内には買取店がないこともあります。

そんな方は、WEB上で気軽に申し込める郵送買取がオススメです。

ネットで個人情報などを登録すると、商品を入れる容器が自宅に届くので、商品をそれで梱包して、郵送や宅配便で送るだけです。

その到着後、買取額を通知するメールなどが届きますから、金額に同意の返事をしたら、買取代金が振り込まれます。

これならどこに居ても利用できますね。

この前、金買取の業者からウチに電話がありました。

保険や不動産の営業なら珍しくもありませんが、商品を売りに来るんじゃなくて買い取るというのは初めて聞いたので、まずは話を聴いてみることにしたのです。

その業者によれば、貴金属製品で今は使っていないものがあったらその業者に売却できるという話でした。

丁度、昔買った宝石がタンスに眠っているのを思い出し、試しに査定してもらうことにしました。

買取にも色々な方式がありますが、最近増えてきたのが、宅配と振込でやりとりが完結する、宅配による金買取サービスです。

この形態は、売却したい品物を専用のパックに入れ、郵送などでお店に送付し、お店での買取と同様、買取金額を査定してもらいます。

査定結果をメールなどで確認したら、その額でよければ売却し、納得いく金額でなければ品物を送り返してもらいます。

営業時間内にお店に行かなければならない店頭買取と異なり、ネットの申込なら時間や場所は関係ないので、地方にお住まいの方や、お店に商品を持って行くのが億劫だという方には嬉しいですね。

日本経済にも大幅な景気後退をもたらしたリーマンショック以降、今までの間に、やや遅めのペースながら、金を売却する際の買取価格が上がってきているようです。

最近ではさらに、ギリシャでは経済危機の深刻化に伴い、国民が銀行から預金を下ろせなくなってしまいました。

この出来事もまた、リーマンショックと並んで、金製品の買取価格が上がる要因として機能したのではないでしょうか。