金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

昔貰ったけどもう使わない、というネックレスの

昔貰ったけどもう使わない、というネックレスの売却を望む方は、そのネックレスの裏面などをよく見てみてください。

ニセモノの金でなければ、「K24」や「K18」など、刻印が入っていると思います。

K24が純金で、数字が小さくなるほどに純度が低くなります。

K24なら24分の24で100%が金、K18なら24分の18で75%が金という印です。

純度が高いか低いかにより、買取額は大きく変動してきます。

買取ショップに金を持ち込む時、一番大事なことといえば、実際幾らくらいの金額になるのかという見積を事前に立てられることです。

目安として、日本における金価格の算出法を知っておきましょう。

金の国際価格はその都度変動しています。

その数値を、重量単位の1トロイオンスで割って、ドル円レートを掛けると、国内金価格が算出できるのです。

こうした基本的な計算法を活用し、お店が妥当な金額で買取を行っているかどうかが自分で分かるようにしておくことをお勧めします。

バブルの崩壊以降、現在にかけて、自宅にある金製品を現金にできないかと考える人が増え、市場の拡大に合わせて、色々な会社が金やプラチナの買取ショップを出店するようになりました。

中には全国に展開しているようなところもあります。

そういう店舗がどこにでもあるのは便利なことでしょうし、同業他社に負けじと買取額を上げてくるなど、良い方向への変化が期待できると思います。

スタッフもより丁寧な接客を心掛けるようになるでしょう。

買取ショップの利用を考えている人にとっては、歓迎すべきことだと思います。

現在の金相場は、1グラムいくらという形で表され、現在は約5000円ほどですが、ここに示される価格は、純度100パーセントの金(純金)の場合です。

例えば75パーセントが金である18金の場合、大体3500円ほどになります。

それなりの額、例えば200万円に達するには、必要な量は単純計算で550グラムから600グラムほどでしょうね。

これがさらに10金だとどうでしょうか。

10金になると市場価格は1グラム2000円ほどでしかありません。

買取額が200万円を超えるためには1キロほども必要です。

ちょっと現実的ではないですね。

金の買取を掲げている店舗では、意外なほど様々な種類のものを現金化することができるのです。

一般に、金買取という言葉からは、金の延べ棒であるとか、貴重な金貨であるとかを最初に思い浮かべるケースが多いようですが、私達の手の届く範囲にも金製品は意外と多いものです。

例を挙げれば、金縁の眼鏡がそうでしょう。

金で出来てさえいれば、眼鏡のフレームや金歯でも買い取ってくれる場合が多いです。