読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

最近は色々なスタイルの金買取サービスが増えて

最近は色々なスタイルの金買取サービスが増えてきましたが、中でも近隣の買取専門店に品物を持って行って買い取ってもらうスタイルが最もオーソドックスでしょう。

お店に常駐している目利きのプロが商品を鑑定し、適正価格で見積を出してくれますから、詐欺やトラブルとは無縁だといえます。

査定額の理由などをちゃんと説明してくれるケースが最近は多いですから、その場でよく考え、本当に納得してから買取してもらうことが可能なのです。

金のアクセサリーを買取に出そうという際に、第一に思いつく選択肢は、金の高価買取を掲げているような、街のお店でしょう。

とはいえ、専門店は素人には敷居が高かったり、詐欺やトラブルが有り得るのではないかと感じてしまう方が少なくないと思われます。

そんな方にオススメなのが、デパートで実施している金買取です。

催事場で限定出店のこともあれば、専門の店が入っていることもあります。

デパートならば信用もあるということで、初めての方でも利用しやすいでしょう。

金に限った話ではないですが、古物買取においては、古物営業法の規定に基づき、買取時の身分確認が徹底されています。

店舗で直接買取してもらう場合は勿論として、非店舗型の業者など、対面せず郵送と振込でやりとりする場合にも同じように本人確認が求められます。

免許証や保険証、パスポートなど、公的機関の発行した身分証を提示することで、誰が売ったかを明確にするのです。

対面でない場合、商品を発送する際にそういった身分証の写しを一緒に送ることで確認に変えるのが一般的です。

デザインが古いとか、年齢が合わなくなったとかで、もう使わない金製の指輪やネックレス、イヤリングなどを持て余している人は案外多いようです。

最近は金やプラチナの買取を掲げた店が多いので、利用してみてはどうでしょうか。

貴金属買取のお店はたくさんありますが、相場の動きや、その店での買取額がいくらになるのかを見て、最も良い条件で売却できる店はどこか、色々と見て比べてみるといいでしょう。

買取価格の他にも、様々な手数料を取る店と取らない店があるので、手数料の有無などは必ずチェックしてください。

金には色々な種類があります。

種類を決めているのは主に金の純度です。

純度は「○K」という形で表され、最大は24K(純金)です。

合金、つまり純金ではなく他の金属が混ざっている場合は、「18金(18K)」などの表現になります。

この18Kというのは簡単に言えば4分の3が金ということです。

銀や銅、パラジウムなどを混ぜるのですが、その比率によって色が違い、銀と銅がほぼ同量ならイエロー、銅が多ければレッド、銀が多ければグリーンなどと、金以外の部分の比率によって合金自体の色合いが変わるのです。

金製品の価値を測る上で、大切なのは純度だということです。