読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

リーマンショック以降、金の価格が高騰し

リーマンショック以降、金の価格が高騰しているそうなので、タンスの奥に眠っていた金製品を、金買取ののぼりを出している店に持って行ったら、そのお店では、刻印の打たれていないものは買取を扱っていませんでした。

刻印の入っているものもあったので、それだけ買取してもらってもよかったのですが、査定金額も低くなる上、手数料を引かれるとほとんど残りません。

それよりは一括で買ってくれる店を探した方がいいと思って、多くの貴金属店が軒を連ねる御徒町に足を運んでみました。

御徒町のお店は、町の買取ショップとは違う、本当の専門家揃いでした。

純度を測定するための比重検査、試金石検査など様々な手段を用いて、全ての品物を無事に買い取ってもらうことができ、大満足でした。

買取価格には自信があります、などと言うからお店に行ってみたら、全くそんなことはなく、むしろ相場より低い額で無理やり売却させられてしまったなどの話はネットを見ていても散見されます。

誠実なお店ならよいのですが、一部では詐欺まがいの悪質な営業をしているところもあるので、少しでも怪しげなところは利用を避けるべきです。

黙って泣き寝入りするのが嫌な人は、消費者センターで専門家に話を聞いてもらい、必要な対処をお願いしましょう。

貴金属を購入しても、盗まれるのが怖いので置き場所に困りますよね。

普通の家庭なら、家に置いておくのも一般的だと思いますが、せめてダイヤル式の金庫は備え付けておきたいものです。

数千万円、数億円といった価値の金塊を保有する資産家の場合は、強固なセキュリティが必要になるので、取引のある銀行で貸金庫を借りている例も多いですし、金を販売している業者が保管設備を持っていて、有償で保存を受け付けているケースもあります。

しかし、どこまでいっても不安だという人は、専門業者に売って現金化し、不安から開放されるのも一つの手でしょう。

今の金相場はグラム5000円くらいでしょうか。

それは24金、すなわち純金の話です。

アクセサリーによく使われる18金の場合、純度は75%なので、純金が1グラム5000円であれば、75%なので3500円ほどということです。

なので、高額の取引が発生する量、例えば200万円以上になるような18金は、重さで言えば600グラム弱です。

ちなみに指輪一つが5グラムから10グラム前後、喜平ネックレスなら40グラムから100グラムでしょうか。

また、さらに安価な10金のアクセサリーの場合ですと、10金になると市場価格は1グラム2000円ほどでしかありません。

これで200万円を稼ごうと思えば、1キログラム以上も必要なのです。

近頃では、不要になった金製品やプラチナ製品をお売り下さいという内容の店舗が急激に増えているようで、よく広告を目にしますね。

パソコンやスマホでネットを見ていてもよく広告が表示されますし、ためしにgoogleなどで検索してみても、金買取のお店のページがずらずらと出てくるのです。

いくらかでも現金になるのなら、店はどこでもいいという人も多いのかもしれませんが、貴金属の価値というのは、相場の変動があるので、常に相場の変動を見ておいて、上がった時に売るのが一番お得です。