金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

リーマンショックやギリシャの経済危

リーマンショックギリシャの経済危機の影響を受け、金の価格が高くなっているので、手持ちの金製品を買取に出したというケースでは、例外も多いですが、基本的には税務署で確定申告を行う必要が出てきます。

売却の利益、つまり買取価格から購入時の価格や諸費用を引いた額は、通常は譲渡所得として総合課税に含まれるのですが、これが50万円以下の場合、特別控除の対象となります。

売却した金を取得した時期によっても計算式は異なりますが、概ね50万円以下の利益なら税金はかからないということになります。

買取店にとって真贋鑑定は重要です。

時として、お客さん本人が本物と信じていても、当然ニセモノのケースもあります。

金メッキ製品の表面にレーザーで本物同様の刻印を入れるなどして、プロの鑑定士を欺こうとしてくる悪質な手口もあります。

ですが、比重計という、品物の重さを測定して比重を割り出す器具を使えば、比重の違いから、偽物であることはすぐに判明します。

最近では、タングステン合金を利用して金と似た比重を実現した偽物もありますが、金の真贋や純度を判別する「試金石」を用いれば、たとえ見た目や比重を似せてあっても、贋物はすぐに判別できます。

「試金石」という言葉の用法の基にもなっているやり方ですね。

先日、祖母が鬼籍に入り、祖母の子である母ももうこの世にいないので、私が指輪などの遺品を相続したのですが、中にはあまり保存状態がよくないものもありました。

金買取に出すのがいいと聞いても、今まで使ったことがなく、本当に大丈夫か心配だったのですが、全国展開しているちゃんとしたお店のようなので、利用を決めました。

査定してくれた方は、目利きのプロといった風情で、気持ちよく買取手続を終えることができました。

気になる買取金額も、思ったより高かったので、結果的には正解でした。

家のタンスなどに眠ったままの貴金属のアクセサリーをお持ちの方は、買取に出すのも手です。

しかし、同じ品物であっても、どこに売却するかによって買取額の基準や、手数料のシステムが異なるため、色々なお店のウェブサイトなどをチェックした上で、条件の良いお店を選択するといいでしょう。

高価な品物であればあるほど、そのぶん買取額の差も大きなものになります。

ですので、それだけお店の選択が重要になるのです。

金には色々な種類があります。

種類を決めているのは主に金の純度です。

カラットの略であるKを用い、純金なら「24K」などと表現します。

合金、つまり純金ではなく他の金属が混ざっている場合は、その純度に応じて、18Kなどと数値が変わっていきます。

18Kは1000分の750という純度です。

そして、金に何を混ぜているかによって、金の色や呼び方が違うのです。

銀と銅が五分五分ならイエローゴールド、パラジウムが25%入ればホワイトゴールドなどと様々に色合いが変わるのです。

金を売りたいなら、純度によって大きく値段が変わるのだと思っておいてください。