読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

普通のサラリーマンが普通に手

普通のサラリーマンが普通に手持ちの金製品を売る程度では、金の買取で課税されることなどないでしょう。

もちろん、買取業者の方では、売買で動くお金も莫大ですから、事業所得として金額を申告し、納税しています。

一方、個人の取引でそこまでの額になることはほぼありません。

基本的には気にしなくていいと言えますが、しかし税法も割と頻繁に変わるものなので、どうにも不安な方は、事前に調べておくのが得策ですね。

消費税が5%から8%に上がったのは記憶に新しいですね。

金の購入時には、もちろん消費税も課されるのですが、ここからがポイント。

金を買取に出す際には、買取額に消費税分がプラスされます。

つまり金の購入には実質、消費税がかからないようなもの。

なので、一度金を買っておけば、増税後の売却により、消費税の差額分が利益になることになります。

消費増税サマサマじゃありませんか。

ちなみに、日本の8%という消費税率は国際的にはまだまだ安い方なので、国内で買った金を消費税率が20%を超えるヨーロッパ諸国のような国に持って行って売却することでも同じような稼ぎ方ができますが、これは高等テクニックと言えますね。

不況の影響もあってか、自宅にある金製品を現金にできないかと考える人が増え、市場の拡大に合わせて、街には金・プラチナ買取系の店が乱立するようになりました。

複数の系列店を出すところも増えているようです。

確かに、お店は多くあったほうが便利でしょうし、店が地域に一つしかない状況と比べると、価格競争で買取額が上がるなど、全体的に店のレベルの底上げが見込めるでしょう。

スタッフもより丁寧な接客を心掛けるようになるでしょう。

買取を利用するお客さんにとっては、いいことづくめですね。

要らなくなった金のアクセサリー等を買取店に持ち込む前に、考えておかねばならない点があるのです。

すなわち、ある金製品を買取に持ち込むとしても、持ち込む店舗により、諸々の手数料などを差し引かれた上での買取代金はピンキリだということなのです。

なので、店舗ごとの買取価格やその他の条件をネットで調べて、どの店に売却するか色々な情報を総動員して判断しましょう。

長いこと自宅に眠っている金製のネックレスがいくらで売れるか気になる人は、そのネックレスの裏面などをよく見てみてください。

金製品にはほぼ必ず、「K24」や「K18」など、刻印が入っていると思います。

数値が大きいほど、純度の高い金です。

金の純度は伝統的に24分率で表されており、K24なら純金と解釈してください。

もちろん、この純度が何%であるかによって販売や買取における価格が大きく変わるのです。