金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

不要な貴金属を専門店で買取してもらうにも、事前に

不要な貴金属を専門店で買取してもらうにも、事前に留意すべき点があるのです。

金の価値は相場でも変わる上、どこに持っていくかによっても最終的な買取価格は大きく変わってくることです。

そのため、WEBサイトに載っている情報などをくまなく調べ、何処に売るのが一番得になるか熟慮して判断するべきでしょう。

昔貰ったけどもう使わない、というネックレスをおカネに変えたいと思っている人は、刻印を見てみるのがいいと思います。

金製品にはほぼ必ず、日本製なら「K24」、外国製は「24K」などの刻印が押されています。

Kはカラットの略で、この数値は金の純度を表しています。

K24なら24分の24で100%が金、K18なら24分の18で75%が金というのが一定の目安になります。

同じ金製品でも、何割の金が含まれているかによってその金製品の買取価格も違ってくるということになります。

消費税は今後も更に上がると言われていますが、ここでお得な話を一つ。

金を購入する際には、買物である以上、消費税が勿論かかりますが、買った金を買取店に持って行って売ると、自分が受け取る買取額は、本体価格に消費税が上乗せされた額になるのです。

そのため、元々金を持っていれば、消費増税に伴って、売約時の受取額が少しだけ上がって得をすることになります。

消費増税サマサマじゃありませんか。

また、消費税の安い日本で買った金をヨーロッパ諸国など、消費税率の高い国で売るといった利益の上げ方も有り得るかもしれません。

元手があるなら投資を考えてもいいですね。

投資対象は色々ありますが、典型的なものが金(ゴールド)ですね。

金というものは、資産価値があまり下がらないという特徴があるのです。

国際関係に左右される外貨と違って、金の価値は一定だからです。

高級品として世界中で認知されているのも、金の値崩れが少ない理由なのです。

しかし、大きな情勢の変化があれば金の相場も変動することがあるので、念のため、買取を利用する前に、その時の相場をチェックしておくのが無難です。

最近、金の価格が上がっていると聞いたので、もう使わなくなった金のアクセサリーを買取ショップに持っていったところ、刻印がないものは純度が分からないから買取できないと言われました。

刻印の入っているものもあったので、それだけ買取してもらってもよかったのですが、査定金額も低くなる上、手数料を引かれるとほとんど残りません。

それよりは一括で買ってくれる店を探した方がいいと思って、多くの貴金属店が軒を連ねる御徒町に足を運んでみました。

そこでは、金の買取を専門とするプロのスタッフが査定を担当してくれました。

専用の機械を使って、金性という金の純度の測定をしてくれ、刻印の入っていない金にも全て買取額を付けてくれたのです。