金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

金の買取を利用する際には、お店は、売却

金の買取を利用する際には、お店は、売却する人の身分確認をしなければならないと法律で決まっています。

お店に直接持ち込む場合はもちろんですが、最近ネットでよくある、郵送後に買取代金を振り込んでもらうような形式でも同様です。

買取の際には、免許証など公に認められた身分証明証で身分確認を行うことが法律で義務付けられています。

商品を郵送で送って買い取ってもらう場合は、身分証の写しと合わせての発送で確認に変えるのが一般的です。

リーマンショックギリシャの経済危機の影響を受け、金の価格が高騰していると聞いたので、専門店で買い取ってもらったという時、例外も多いですが、基本的にはこれを譲渡所得として、確定申告を行わなければなりません。

金の売却によって生じた利益(売却額から購入時の価格や雑費を引いたもの)は、給与取得者であれば原則的には譲渡所得として扱われますが、インゴットなどの地金の売却であれば、50万円までは控除されて非課税になります。

金を売却した利益が、他の譲渡所得と合わせても50万円以内なら、税金はかかりません。

また、年収2000万以下のサラリーマンでその他の所得も20万円以内なら、確定申告も必要ありません。

都心から離れたところにお住まいの方などは、ネットを通じた金買取も便利です。

買取額の目安がサイト上で見られたり、メールで簡単査定を受け付けているケースも多く、お客さんにとっては便利ですよね。

店頭での買取でも身分証を提示しますが、郵送で買取してもらう場合も、身分証のコピーやその他の必要な書類を送らなければなりません。

できる限り高額で手放すためには、条件の良いお店を選ぶことが大切です。

鑑定料や、買取時にかかる手数料を無料にしている店舗も増えてきましたので、なるべくそういう店を選びたいものですね。

初めてで不安も多い金買取。

安心して利用する上で大事なのはまず、どのお店に買取をお願いするかということです。

価格の多寡もさることながら、手続の簡便さも重要なポイントです。

郵送なら振込の早さも大事です。

また、何より大事なこととして、店の信用度や取引実績をチェックすること。

これに尽きます。

それを測る上で使えるのは利用者からの生の声です。

これは口コミやレビューの形で確認できます。

不評の店は避け、良い評価が付いているところを選択するようにしましょう。

頼んでもいないのに家に業者が訪問してきて、使わなくなった金製品を買取りますなどとしつこく言ってくる場合があり、「訪問購入」として法規制の対象になっています。

お店に売りに行く場合に比べて、買取金額が非常に低かったり、売るつもりはなかったのに、ゴリ押しに負けて売却してしまったなどと、悔やんでも悔やみきれない方が少なくありません。

悪質な訪問購入で被害に遭ってしまった場合でも、平成25年以降、クーリングオフ制度が適用されるようになったので、一度売却してしまっても、8日以内なら契約を取り消して品物を取り戻せるのを覚えておき、いざという時に備えてください。