金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

高価な貴金属の保管場所には皆さん気

高価な貴金属の保管場所には皆さん気を遣われるようです。

大資産家はともかく、普通の人は自宅に保管しておくことになりますが、一定量を保管するなら金庫は必須となるでしょう。

アクセサリー程度ならともかく、大量の金を保有しておくなら、強固なセキュリティが必要になるので、自宅には流石に置かず、銀行で大きな貸金庫を借りている場合や、金を購入した業者で厳重に保管するサービスを利用していることも多いようです。

しかし、どんな形を取っても結局心配だという方は、最初から現金にして銀行に預けておくのが良い方法だと思います。

貴金属の便利な換金手段である金買取。

その利用において大切なのは、相場というか、現実に何円くらいの価格で買い取ってくれるのか見込額を知ることだと思います。

金の純度や加工によって価格は異なるのですが、金そのものの価格の計算法は決まっています。

日々変動する金の国際価格に対し、まずそれを金の重量単位である1トロイオンスで割り、ドル円レートを乗じると、日本における金の価格が割り出せます。

買取で損しないためにも、こうした計算法や相場を知っておいて、お店の買取提示額が適切かどうかが自分で分かるようにしておくことをお勧めします。

3%→5%→8%と上がってきた消費税。

金の購入時にも、買物である以上、消費税が勿論かかりますが、今度はその金をお店で買い取ってもらう際には、買取額に消費税分がプラスされます。

つまり金の購入には実質、消費税がかからないようなもの。

なので、一度金を買っておけば、その後の売却によって、消費税の増税分を得できるということになります。

他にも、日本や台湾、カナダなど消費税率の安い国で買った金を、ヨーロッパ諸国など、消費税率の高い国で売ることでも同じような稼ぎ方ができますが、これは高等テクニックと言えますね。

最近は未成年が高額な品物を身に付けていることも多いですが、金買取のお店では業者自身の取引の安全を守るためにも、未成年者への利用制限を設定しているのが普通です。

そのため、未成年の人は買取を利用できないケースが大半だと思われます。

とはいえ、例外的に、成人していなくても、18歳から利用できる場合もあります。

しかし、未成年者単独でお店に行く場合、保護者の同意書が必要になります。

さらに、保護者が同意していたとしても、多くの店では高校生からは買取をしてくれません。

ここ十年ほどで一気に増えてきた金買取。

今では、様々な種類の店舗が金やプラチナの買取をするケースが増えています。

中でも有力なのが、リサイクルショップですね。

こうしたお店は、家庭での不要な品を買取してくれるのが基本ですが、ブームに乗って貴金属の買取も扱い始める事例が現在では多くなっています。

専門知識を持った買取スタッフも常駐しているので安心です。

家にある金のアクセサリーなどを手放したい人は、買取価格などを調べてみてもいいと思います。