読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

プラチナと言われてプレゼントされたアクセサリーを買取

プラチナと言われてプレゼントされたアクセサリーを買取に出すと、実はホワイトゴールドで、プラチナとは全く別物だったといった経験をお持ちの方もいるのではないでしょうか。

ホワイトゴールドも装飾品によく使われますが、プラチナとは全く異なります。

プラチナは大変希少で、金を上回るほど高価なので、代わりに使われるようになったものです。

日本でも昭和50年代までは代替品の認識でした。

アクセサリーのどこかに「K18WG」や「K14WG」といった表記が刻まれていれば、ホワイトゴールドです。

ちなみにプラチナなら「Pt」などの刻印になります。

プラチナより価値は劣るとはいえ、れっきとした金の一種なので、それなりの値段で買い取ってもらえるのは確かです。

金というのは特別なものではありません。

日常の中にも、金製品というのが案外多いものです。

その代表的なものが金歯です。

金買取店は、こうしたものも買取の対象にしています。

装飾品の形状をしていなくてもいいわけですね。

ちょっと豪華なランチ代程度の臨時収入も夢ではないので、作り直しなどでもう要らなくなった金歯があるなら、そのまま捨てるのではなく、買取に出してみましょう。

少し前に、金買取業者を名乗る人から電話がかかってきたことがあります。

営業の電話は普段から色々かかってきますが、買取というのは今まで聞いたことがなかったため、まずは話を聴いてみることにしたのです。

色々と聴いてみたら、手持ちの宝飾品や貴金属で今は使っていないものがあったらその業者に売却できるという話でした。

それなら色々あったなあと思って、試しに査定してもらうことにしました。

買取業者が自宅までやって来て、一方的に金製品を買取させてくれと居座ってくる場合があり、「訪問購入」として法規制の対象になっています。

買取金額があまりに低かったり、時にはグラム数を誤魔化されていたり、売るつもりはなかったのに、ゴリ押しに負けて売却してしまったなどと、後悔しても時既に遅し、というケースも多かったのです。

ですが、対処法もあります。

金買取の訪問購入に対しては、訪問販売の場合と同じように、クーリングオフができるように法改正されたので、一度売却してしまっても、8日以内なら契約を取り消して品物を取り戻せることを知っておいてください。

リーマンショックギリシャの経済危機の影響を受け、金の価格が上がり続けているようなので、買取に出す場合も多いでしょう。

金を売却した際には、年間20万円以上の利益が出ている場合などは、必要な書類を揃え、確定申告の手続きをしなければなりません。

購入時の価格以上で売れた場合など、売却によって生じた利益は、通常は譲渡所得として総合課税に含まれるのですが、この内50万円までは特別控除、つまり税金を払わなくていい部分になります。

売却した金を取得した時期によっても計算式は異なりますが、概ね50万円以下の利益なら税金はかかりません。

また、年収2000万以下のサラリーマンでその他の所得も20万円以内なら、確定申告も必要ありません。