読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

少し前に、金買取業者を名乗る人から電

少し前に、金買取業者を名乗る人から電話がかかってきたことがあります。

勧誘の電話にも色々あるとはいえ、何か売るのではなく、逆に買うという話は珍しく、どういう話か気になってつい耳を傾けていました。

いわく、家にある貴金属、例えば金のアクセサリーなどで、もう要らない商品を高値で買取してくれるというのです。

若い頃に貰ったアクセサリーをそういえば使っていないなと思い、試しに査定してもらうことにしました。

金買取業者は大抵の場合、20歳未満からの買取の禁止を設定しているのが普通です。

このため、未成年者は買取の利用を断られてしまうというのが原則です。

とはいえ、例外的に、利用を20歳からではなく18歳からと定めている店も存在します。

ですが、未成年であれば保護者のサインなどが必要になってきます。

加えて、たとえ18歳からOKの店でも、本人が高校生であれば買取はできないのが普通です。

若い頃に買ったけどもう身に付けていないといった金製の指輪やネックレス、イヤリングなどをお持ちの方も多いと思います。

そのまま眠らせておくより、買取に出すことをお勧めします。

ここ十年くらいで、そうしたお店は一気に増えてきたので、公開されている参考買取額をもとに、どの店で買取してもらうのが一番得になるか、比較検討するのが賢いやり方です。

その他にも様々な条件で買取価格が変わるので、よく調べて、有利な店を探してください。

金の購入と売却でちょっとした利鞘を稼げるチャンスがあります。

金を購入する際は、普通の買い物と同じく、消費税をとられますが、その金を買取ショップで買い取ってもらうと、なんと消費税分が買取価格に上乗せして受け取れるのです。

つまりどうなるか?消費税が低い内に金を購入しておくと、増税後の売却により、消費税の差額分が利益になるわけです。

にっくき消費増税が逆に味方になるわけですね。

他にも、日本や台湾、カナダなど消費税率の安い国で買った金を、ヨーロッパなどの消費税が高い国に持ち込んで売るなどの方法も考えられます。

金買取といっても様々な形式があります。

今、少しずつ流行り出しているのは、貴金属を簡単なやりとりで買取してくれる、宅配買取というものです。

その中身を説明すると、まず買取対象の品物を専用の梱包パックでお店に送り、あとは店頭に持ち込んだ場合と同様に査定を受けるというものです。

お店は数日以内に査定額を通知してきますから、そうしたら承諾の返事をし、取引成立になります。

もちろん金額に納得できなければキャンセルできます。

営業時間の制約がある店頭買取と違い、ネットの申込なら時間や場所は関係ないので、田舎に住んでいる人や、仕事が忙しい人を対象としたサービスといえるでしょう。