読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

十年以上にわたって使用していない貴金属製のアク

十年以上にわたって使用していない貴金属製のアクセサリーなどは案外多いのではないでしょうか。

ただ捨てるだけではしのびないという方は、買取サービスを利用して現金化するのを考えてみてはどうでしょう。

金・プラチナの高額買取をウリにした店もあちらこちらにありますので、高値が付くかどうか一度見てもらうのもいいでしょう。

プラチナと言われてプレゼントされたアクセサリーを買取に出すと、実はプラチナの代替品であるホワイトゴールドだと判明したというエピソードはよく聞きます。

ホワイトゴールドも装飾品によく使われますが、プラチナとは全く異なります。

本来、プラチナは金よりもずっと希少価値が高く、値段も高価だったので、代わりに使われるようになったものです。

日本でも昭和50年代までは代替品の認識でした。

ホワイトゴールドは一般に18金か14金です、K18WG、K14WGなどの刻印があれば、プラチナではなくホワイトゴールドだということになります。

ホワイトゴールドも金を含んでいますから、プラチナには価格で劣るとはいえ、買取ショップでお金に変えることは勿論可能です。

金に限った話ではないですが、買取は贋物との戦いです。

一般の人が買取に持ち込んだ金製品が、実は偽物だったという場合もあります。

メッキの一部に本物の金を厚く盛り、巧妙に刻印を施すなどの方法で、プロの鑑定士を欺こうとしてくる悪質な手口もあります。

しかし、磁石による検査、刻印周りのキズでも判別できますし、比重計を使えば水に沈めた場合の重さの変動をもとに、比重を求め、金の純度を判別することが可能です。

タングステン合金で作られた偽物などは比重計でも判別できませんが、試金石と呼ばれる黒い石に品物を擦り付けて色合いを見る「試金石検査」なら、どんなによくできた偽物でも、あっという間にメッキが剥がれ、偽物と判ってしまいます。

若い頃に買ったけどもう身に付けていないといったアクセサリーや腕時計といった金製品をお持ちの方も多いと思います。

そんなときは買取ショップで換金しましょう。

ここ十年くらいで、そうしたお店は一気に増えてきたので、サイトやチラシで買取額を調べ、最も良い条件で売却できる店はどこか、複数の店の情報を見て比較するといいと思います。

また、手数料の有無などでも大きな差が出るので、手数料の有無などは必ずチェックしてください。

ご自宅に眠っている金製品を、少しでも高く手放したければ、買取手数料などが無料、あるいはなるべく安い店舗を選択するのが何よりの基本になります。

それに、現状の金の価格相場がどうなっているか常に把握するのも重要でしょう。

一度に売却する金の量が多ければ、それだけ査定額も有利になるので、10グラム程度を手放すだけであれば、そこまでシビアに気にすることはないです。

WEB上には、高額での金買取を掲げた広告がたくさんありますが、そういうところは大抵が悪徳業者なので、十分気を付けてください。