金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

不況の影響もあってか、手持ちの金を売却したい人が

不況の影響もあってか、手持ちの金を売却したい人が増えているので、その需要に応じて、従来の質屋や買取ショップでも、金買取の広告を前面に出すところが増えました。

中には全国に展開しているようなところもあります。

確かに、お店は多くあったほうが便利でしょうし、ライバルが増えればそれだけ高値の買取を掲げるお店も増え、利用客に優しい方向に全体が変わっていくのではないでしょうか。

スタッフもより丁寧な接客を心掛けるようになるでしょう。

買取をお願いするお客さんには、望んでいたシチュエーションといえるでしょう。

金買取をめぐる詐欺や類似の事件が多発しています。

買取業者が自宅を訪問し、自宅にある金製品の売却を迫り、相場以下の値段で買取を行う、いわゆる「訪問購入」による被害がここ数年で急増しています。

最初は誠実そうな業者のふりをしていますが、なかなか首を縦に振らない人には、一転して強引な態度に出て、金を買い叩くことがあります。

後々不利になる証拠をこちらの手元に残さないよう、こうした業者は後々の証拠となるような書類もほとんど渡してくれないので、こういう人間が来ても一切相手にせず、追い返すようにしてください。

金買取の業者って電話でも営業してるんですね。

この前そういう電話がかかってきました。

営業の電話は普段から色々かかってきますが、商品を売りに来るんじゃなくて買い取るというのは初めて聞いたので、続きを聞いてみたくなりました。

その業者によれば、貴金属製品でもう要らない商品を買い取ってくれるという内容でした。

そういえば金のアクセサリーがあったなあと思い、試しに査定してもらうことにしました。

株式や外貨など、投資の対象となるものは多いですが、金に代表される貴金属はその典型です。

金に投資するメリットは、それほど値崩れが無いことです。

ドルや円のように、世界情勢の影響で価値が変わることがあまりないためです。

金イコール高級品という認識が世界中に浸透していることも、金が投資対象として魅力的である一因です。

まあ、それでも急に相場が変わることもありますので、手放す際には、新聞やネットで相場の上がり下がりを確認した上で決断するのが得策でしょう。

金で最も高価なのはもちろん純金ですが、他にも色々な金があります。

純金、つまり100%の金であれば「24K」となり、合金、つまり純金ではなく他の金属が混ざっている場合は、「18金(18K)」などの表現になります。

例えば18Kなら、24分の18なので、金は75%ということになります。

割金(金以外の部分)の種類や混合比率によって金の種類は変わります。

銅を多く混ぜればレッドゴールド、銀を多く混ぜればグリーンゴールド等と、金以外の部分の比率によって合金自体の色合いが変わるのです。

買取店に金製品を持ち込む際に、純度は大事ですので、気に留めておくといいでしょう。