読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

ショップやネットなどの金買取の市場では、アクセサリー

ショップやネットなどの金買取の市場では、アクセサリーをはじめとして色々なものを現金化することができるのです。

金製品を買い取るなどと言われると、何百万円もする高級品を思い浮かべる場合がほとんどかもしれませんが、案外、庶民の生活の中にも金製品は溢れているのです。

例を挙げれば、金縁の眼鏡がそうでしょう。

金製のメガネフレームや、使わなくなった金歯などでも買い取ってくれる場合が多いです。

銀行預金や投資信託などと併せて、昔から資産家の間でよく使われているのは、総資産の10%から15%を金に変えて持っておくスタイルです。

この方法を採用するなら、まず考えることは、金をどこで買うかということですね。

初めて金を買うときには、ウェブサイトがしっかりしていて、金の単価などが明示されている、実績・信頼のしっかりしたお店を選択するようにしましょう。

そういうお店で買った金なら、売却時にもセーフティですよね。

高級品の代名詞でもある金とプラチナ。

しかし、どちらがより高いのかまで把握している人はあまり居ないように思います。

プラチナの方が原則的には高価です。

一時期は金の3倍ほどしたのです。

理由としては、金と比べて特定の地域だけに偏在していることや、総生産量の圧倒的な少なさの影響があります。

プラチナは年間約200トンほどしか産出されません。

プラチナも金も、錆びたり腐ったりせず何百年でも安定した価値を保ち続けるので、世界共通の価値を持つ国際商品としての地位を確立していますが、生産量や流通量のあまりの少なさが、その価値を形作っているというわけですね。

業者の人間が突然自宅を訪れ、強引に金製品の売却を迫る訪問購入というケースがあり、問題視されています。

買取価格が通常に比べて異様に低かったり、強引に売却に同意させられてしまったなどで、憤りを抑えられない方も当然多いです。

しかし、安心してください。

訪問購入については訪問販売の場合と同じように、クーリングオフができるように法改正されたので、8日間は品物を渡す必要もないですし、やっぱり嫌になったら契約解除できることを知っておき、悪徳業者のゴリ押しに負けないようにしましょう。

2008年のリーマンショック以降、ここ数年で、決して急速というわけではないですが、金を売却する際の買取価格が上がってきているようです。

近頃はそれに加えて、ギリシャ国内では、経済危機が限界に達したため、国民が銀行から預金を下ろせなくなってしまいました。

リーマンショックと同様、ギリシャのこの事態も、買取市場における金の価格が上昇する要因だったと考えられます。