読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

現在の金相場は、1グラムいくらとい

現在の金相場は、1グラムいくらという形で表され、現在は約5000円ほどですが、純金でなければ当然それより安い額になります。

例えば75パーセントが金である18金の場合、大体3500円ほどになります。

そのため、例えば200万円以上の額面になるような18金は、重さで言えば単純計算で550グラムから600グラムほどでしょうね。

これがさらに10金だとどうでしょうか。

10金までいくと純度は半分以下の41%程度。

1グラムあたりの価格は2000円ほどです。

買取額が200万円を超えるためには1キロほども必要です。

ちょっと現実的ではないですね。

近頃は、多くのお店で金買取を取り扱うようになったので、複数のお店の情報を見比べてみましょう。

その時の相場に基づいて買取額は決まるため、いつ売るかで大きく買取額が変わってきます。

また、買取価格から手数料や鑑定料が引かれる場合もありますから、近所のお店に考えなしに買取を依頼すると、後からひどく後悔するケースも有り得るのです。

尚、頼んでもないのに勝手に家に来て買取を申し出るというところは、詐欺スレスレの酷い営業をしている場合が多いです。

買った頃とは好みやセンスが変わった、時代遅れになったなどで、今となっては身に付けることのなくなった貴金属をずっと死蔵していても一円の得にもなりません。

「でも実際使わないし。

」そんなあなたには、貴金属買取のお店に売却することをお勧めします。

金製品ならどこの店でも買取可能なことが多いです。

24金(K24、純金)であれば、今は1グラム約4800で流通しています。

買取相場は一般的にその価格より若干安くなるとはいえ、買取と言って一般にイメージされるよりはずっと高い金額で売却できる可能性が高いです。

一口に金と言っても、その純度によって色々な種類があります。

純度は「○K」という形で表され、最大は24K(純金)です。

金の純度が100%未満であれば、その純度に応じて、18Kなどと数値が変わっていきます。

金の割合が75パーセントなら、100分の75ですから24分の18で、18Kになります。

銀や銅、パラジウムなどを混ぜるのですが、その比率によって色が違い、銀と銅が五分五分ならイエローゴールド、パラジウムが25%入ればホワイトゴールドなどと様々に色合いが変わるのです。

手持ちの金を買取してもらうときに、こうした純度によって価値が違うということを覚えておきましょう。

消費増税が思わぬ儲けのチャンスだと知っていましたか? 金を買う時には、その時の消費税率に応じて消費税を支払うわけですが、ここからがポイント。

金を買取に出す際には、自分が受け取る買取額は、本体価格に消費税が上乗せされた額になるのです。

そのため、元々金を持っていれば、消費増税に伴って、売約時の受取額が少しだけ上がって得をするのです。

今まで反発しかなかった消費増税が投機チャンスに思えてきますね。

また、消費税の安い日本で買った金をヨーロッパ諸国など、消費税率の高い国で売るという方法で利鞘を得ることも可能かもしれません。