金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

バブルの崩壊以降、現在にかけて、自宅にある金製品を

バブルの崩壊以降、現在にかけて、自宅にある金製品を現金にできないかと考える人が増え、それをビジネスチャンスと見てか、街には金・プラチナ買取系の店が乱立するようになりました。

フランチャイズでチェーン展開する例もあるようです。

確かに、お店は多くあったほうが便利でしょうし、ライバルが増えればそれだけ高値の買取を掲げるお店も増え、より良いサービスを提供しようという方向に次第に変わっていく可能性が高いです。

お客さんに横柄な態度を取るような店は淘汰され、接客の質の良い店だけが残りそうです。

われわれ利用者の側としては、嬉しいことだらけですよね。

金の買取を利用する際には、古物営業法の規定に基づき、買取時の身分確認が徹底されています。

買取ショップや専門店に持ち込む場合に加えて、商品を先に送ってお金を振り込んでもらうなどの形式も何らかの形で身分確認をしなければなりません。

買取手続を進める前に、免許証や保険証などを提示することで、誰が売ったかを明確にするのです。

商品を郵送で送って買い取ってもらう場合は、荷物に同梱する形で身分証のコピーを送ることで必要な手続きに変えるというのが普通です。

都心から離れたところにお住まいの方などは、ネットを通じた金買取も便利です。

メールで写真を送ると、買取額の目安を教えてくれる店舗も見られます。

ネットを通じて買取をしてもらう時は、身分証のコピーを送らなければならないことが法律で定められています。

少しでも高い金額で売却するためには、サイトなどの情報で、店ごとの買取価格を比較することが大事です。

買取にかかってくる様々な手数料を取らない店も中にはあるため、店舗選びの際の参考にできます。

最近、金の価格が上がっていると聞いたので、手持ちの金製品を買取店に持ち込んでみましたが、刻印が入っていないものは買取れないと言われてしまいました。

中には刻印ありの品もありましたが、数が少なく、手数料がかかることを考えると大した金額にはなりません。

刻印ありも無しもまとめて買い取ってくれる店を求め、貴金属のメッカである御徒町まで行ってきました。

そこでは、金の買取を専門とするプロのスタッフが査定を担当してくれました。

比重検査、試金石検査などで金の純度を調べてくれて、刻印無しでも全て買取してもらえました。

やはり行ってよかったです。

ここ十年くらい、「ご自宅に眠っている金・プラチナを買い取ります」といった広告や看板が街に溢れています。

街頭だけではなく、ネットにおいても、ためしにgoogleなどで検索してみても、金買取のお店のページがずらずらと出てくるのです。

いくらかでも現金になるのなら、お店選びにまでこだわる必要はないと感じるかもしれませんが、貴金属の価値というのは、相場の変動があるので、相場を見て、最適のタイミングを狙って売るといいです。