金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

プラチナと言われてプレゼントさ

プラチナと言われてプレゼントされたアクセサリーを買取に出すと、それより価値の劣るホワイトゴールドの品だったというエピソードはよく聞きます。

もちろん、両者は別物です。

本来、プラチナは金よりもずっと希少価値が高く、値段も高価だったので、プラチナに手を出せない人は代わりにホワイトゴールドを身に付けるようになったのです。

K18WG、K14WGなどの刻印が入っていれば、金が半分以上含まれているホワイトゴールドです。

プラチナより価値は劣るとはいえ、れっきとした金の一種なので、買取ショップでお金に変えることは勿論可能です。

金の相場価格はネットでも簡単に見ることができます。

今は1グラム5000円くらいですね。

それは24金、すなわち純金の話です。

アクセサリーによく使われる18金の場合、純度は75%なので、5000円×75%なので3500円くらいでしょうか。

ですから、現実の買取では、それだけで200万円になるような18金は、重さで言えば大体570グラムといったところでしょうか。

18金より安い10金のジュエリーも最近は増えてきましたが、これはもはや金の純度が半分以下。

価値は1グラムあたり2000円強にしかなりません。

ネックレスなら10本から20本ほど、合計1キロも集めなければ200万円に達しないのです。

初めて金買取を利用してみようと思っている方は、実際いくらになるのか、買取額の目安が気になりますが、でも、買取額は一概には言えません。

国際情勢や景気の良しあしなどにより、金の相場はその都度変わるので、同じ量の金でも日によって価格が変わってくるのです。

ですから、納得いく金額で買取に出したいのであれば、テレビやネットの情報に目を光らせ、金の値段が上がったタイミングを見逃さないことを意識しましょう。

バブルの崩壊以降、現在にかけて、手持ちの金を売却したい人が増えているので、市場の拡大に合わせて、色々な会社が金やプラチナの買取ショップを出店するようになりました。

中には全国に展開しているようなところもあります。

買取を頼める店が多くなるのはいいことですし、価格競争になることで、買取金額が全体的に高くなったり、より良いサービスを提供しようという方向に次第に変わっていく可能性が高いです。

店員の接客の質までも上がる可能性があります。

買取ショップの利用を考えている人にとっては、歓迎すべきことだと思います。

リーマンショック以降、金やプラチナの高価買取の広告や看板が街に溢れています。

パソコンやスマホでネットを見ていてもよく広告が表示されますし、自分の地域プラス「金買取」などで検索したら、多くのヒットがあり、いかにそういうお店が多いか思い知らされます。

要らないものを買い取ってもらえるのだから、沢山あるお店の中のどこに持って行っても同じと感じるかもしれませんが、相場の上下によって買取額が大きく変わるのが金買取というものですから、常に相場の変動を見ておいて、上がった時に売るのが一番お得です。