金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

昔買った貴金属のアクセサリーなどを買取に出した

昔買った貴金属のアクセサリーなどを買取に出したいとき、第一に思いつく選択肢は、「高価買取」などの看板を出している買取店などです。

ただ、そうした店には独特の雰囲気があって、裏から怖いお兄さんが出てくるのではないか、などと思っている人も多くいるのではないでしょうか。

そんな人もご安心下さい。

デパートで買取を実施する場合があるのです。

催事場で、特定期間のみ出店している場合も多いです。

デパートなら変なトラブルは無いだろうという安心感から、初心者の方にはひそかな狙い目と言えるかもしれません。

少し前に、金買取業者を名乗る人から電話がかかってきたことがあります。

勧誘の電話にも色々あるとはいえ、そういう電話は初めてだったので、ちょっと中身を聞いてみようかという気になりました。

そうすると、手持ちの宝飾品や貴金属で今は使っていないものがあったら高い値段で買い取ってくれるそうです。

そういえば金のアクセサリーがあったなあと思い、利用してみてもいいかなと思いました。

要らなくなった金のネックレスがいくらで売れるか気になる人は、そのネックレスの裏面などをよく見てみてください。

一般に流通している金製品には、製品のクオリティを示すため、「K24」などの文字が刻印されています。

Kはカラットの略で、この数値は金の純度を表しています。

含まれる金の割合は、K24で100%、K18で75%だと思えばほぼ間違いありません。

もちろん、この純度が何%であるかによって専門店に売却する際の価格も全く違ったものになります。

最近、金の価格が上がっていると聞いたので、もう使わなくなった金のアクセサリーを買取ショップに持っていったところ、刻印がないものは純度が分からないから買取できないと言われました。

中には刻印ありの品もありましたが、数が少なく、少ない点数では手数料を引くとあまりおカネにならないので、刻印の無いものでも一括で買取してくれるお店はないかと思い、貴金属のメッカである御徒町まで行ってきました。

御徒町なら、専門のプロが常駐しているようなお店ばかりなので、純度を測定するための比重検査、試金石検査など様々な手段を用いて、刻印の入っていない金にも全て買取額を付けてくれたのです。

初めてで不安も多い金買取。

安心して利用する上で大事なのはまず、売却先としてどんなお店を選ぶかということです。

高値で買ってくれる店を選ぶことに加え、お店での手続きが簡単かどうか、あるいは郵送買取の場合の振込タイミングなどの諸条件、そして最も基本の部分としては、その店がちゃんとした業者かどうかを確認することは避けて通れません。

それを測る上で使えるのは利用者からの生の声です。

これは口コミやレビューの形で確認できます。

口コミやレビューの点数が高ければ安心なので、そういう店を見極めて利用してください。