金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

不況の影響か、金買取の相場が高騰して

不況の影響か、金買取の相場が高騰していると聞いたので、買取に出す場合も多いでしょう。

金を売却した際には、原則としては、税務署で確定申告を行う必要が出てきます。

購入時の価格以上で売れた場合など、売却によって生じた利益は、事業でなければ「譲渡所得」として計上されますが、50万円の控除枠があるので、所得のうち50万円までは非課税です。

一年間の譲渡所得や他の利益の合計が50万円を上回らなければ、税金はかかりません。

また、年収2000万以下のサラリーマンでその他の所得も20万円以内なら、確定申告も必要ありません。

今の金相場はグラム5000円くらいでしょうか。

これはあくまで純金の価格ですから、例えば75パーセントが金である18金の場合、純金が1グラム5000円であれば、75%なので3500円ほどということです。

なので、高額の取引が発生する量、例えば200万円以上を超えるような量というと600グラム弱です。

ちなみに指輪一つが5グラムから10グラム前後、喜平ネックレスなら40グラムから100グラムでしょうか。

これがさらに10金だとどうでしょうか。

これはもはや金の純度が半分以下。

価値は1グラムあたり2000円強にしかなりません。

買取額が200万円を超えるためには1キロほども必要です。

ちょっと現実的ではないですね。

金には色々な種類があります。

種類を決めているのは主に金の純度です。

よく聞く「24金(24K)」というのは純度100パーセントの金を指します。

純金でなく他の金属との合金の場合は、その純度に応じて、18Kなどと数値が変わっていきます。

この18Kというのは簡単に言えば4分の3が金ということです。

そして、金に何を混ぜているかによって、金の色や呼び方が違うのです。

18Kレッドゴールドなら銅が多め、18Kホワイトゴールドならパラジウム入りなどと変化します。

買取店に金製品を持ち込む際に、純度は大事ですので、気に留めておくといいでしょう。

高級品の代名詞でもある金とプラチナ。

しかし、どちらがより高いのかはあまり知られていないのではないでしょうか。

最近は金の価格も高騰してきましたが、基本的により高価なのはプラチナです。

昔は特にそうでした。

要因としては、金の20分の1とも言われる、産出量の少なさを抜きにしては語れません。

プラチナは南アフリカやロシアのごく限られた地域でしか産出されないのです。

プラチナや金はその美しさに加え、化学的に安定していて決して劣化しないという性質があり、世界共通の価値を持つ国際商品としての地位を確立していますが、あまりの希少性の高さが、1グラム5000円を超えるほどの高値の理由になっています。

貴金属買取を扱うお店では、意外なほど様々な種類のものが買取の対象になっています。

金というといかにも富豪の趣味という気がして、インゴットや金貨、あるいは指輪などの高級品を連想する人が多いでしょうが、買取店で取引される品物はそれだけにとどまりません。

例を挙げれば、金縁の眼鏡がそうでしょう。

形がどうあれ金は金ですから、ごく普通の金縁眼鏡なども金製品として立派に買取の対象になります。