金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

リーマンショックやギリシャの経済危機に

リーマンショックギリシャの経済危機に伴って高騰している金相場。

今は1グラム5000円ほどです。

ここに示される価格は、純度100パーセントの金(純金)の場合です。

例えば75パーセントが金である18金の場合、5000円×75%なので3500円くらいでしょうか。

そのため、例えば200万円以上の額面となると、その重さは550から600グラムくらいでしょう。

ちなみに、かつて流行した喜平ネックレスが、重いもので1本100グラム程度です。

近頃は18金よりも安価な10金も増えてきましたが、10金は約41%の純度なので、1グラム約2000円ということになり、1キロほど寄せ集めないと200万円にはなりません。

初めて金買取を利用する方に押さえてほしいポイントは、誠実で信頼できるお店を選ぶことです。

最初に目が行くのは買取金額かもしれませんが、詐欺などではなく本当に信頼できる商売をしているのかをよく調べてから利用しましょう。

ちょっとでも悪評判が付いている店はどんなに広告の文句が良くても、利用してはいけません。

買取価格は高い方がいいと思うかもしれませんが、鑑定料や手数料と称してお金を取る店もあるので、見積後、成約の前に必ず確かめてください。

貴金属の買取を扱う店舗では、20歳未満からの買取の禁止が原則としてあります。

このため、未成年者は買取の利用を断られてしまうというのが原則です。

僅かながら、利用が18歳から可能なケースもあるのですが、未成年者単独でお店に行く場合、保護者の同意書が必要になります。

さらに、保護者が同意していたとしても、高校生ならやはり買取は不可能です。

買取業者が自宅までやって来て、言葉巧みに、あるいは強迫的な態度で金製品の買取を申し出てくる訪問購入というケースがあり、問題視されています。

お店に売りに行く場合に比べて、買取金額が非常に低かったり、ちゃんと検討できないまま強引に買取を進められてしまったなどで、後悔しても時既に遅し、というケースも多かったのです。

こうした訪問購入のケースに対しては、訪問販売と同様、クーリングオフ制度の対象になったため、売却から8日以内なら、売った品物を取り戻すことができることを知っておき、悪徳業者のゴリ押しに負けないようにしましょう。

金の買取を利用する上で多くの方が気にするのは、その金製品は現実にどれだけの金額になるのかを正確に知りたいということですよね。

金の純度や加工によって価格は異なるのですが、金そのものの価格の計算法は決まっています。

その時点での金の国際価格を、1トロイオンス(およそ31グラム)で割って、ドル円レートを乗じると、日本における金の価格が割り出せます。

買取で損しないためにも、こうした計算法や相場を知っておいて、店舗に出ている買取価格が適正な数字かどうか判断できるようになっておくといいでしょう。