金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

デザインが古いとか、年齢が合わなくなっ

デザインが古いとか、年齢が合わなくなったとかで、もう使わない金製の指輪やネックレス、イヤリングなどというのは、どなたの家にも結構あるのではないでしょうか。

そこで役立つのが金買取ショップです。

買取ショップは非常に多くなっているので、サイトやチラシで買取額を調べ、どこが一番高値を付けてくれるか色々と見て比べてみるといいでしょう。

また、手数料の有無などでも大きな差が出るので、情報収集を怠らないことが肝要です。

金の買取を利用する上で多くの方が気にするのは、その金製品は現実にどれだけの金額で売却できるかを事前に知っておくことでしょう。

品物によっても異なりますが、金の値段の基本的な計算法は、ドル建ての国際価格を、金の重量単位として使われる1トロイオンス(日本では31グラムほど)で割り、ドル円レートを掛けると、国内金価格が算出できるのです。

こういう情報一つでも、知ると知らないとでは大きな差があります。

計算法を知っておき、お店の買取提示額が適切かどうか注意深く判断してください。

買った頃とは好みやセンスが変わった、時代遅れになったなどで、今となっては身に付けることのなくなった貴金属を何もせず放っておくのはあまりに惜しい気がします。

「でも実際使わないし。

」そんなあなたには、「金・プラチナ買取」を掲げている店に買取をお願いしてみましょう。

金製品ならどこの店でも買取可能なことが多いです。

純金(K24)なら、現在の相場は1グラムあたりおよそ4800円であり、買取相場は一般的にその価格より若干安くなるとはいえ、それでも、買取の一般イメージからすれば、いい意味で予想を裏切るような値段で換金することができますね。

リーマンショック以降、金の価格が高騰しているそうなので、もう使わなくなった金のアクセサリーを買取ショップに持っていったところ、刻印がないものは純度が分からないから買取できないと言われました。

持ち込んだ品の内、刻印がある分だけなら買い取れると言われましたが、手数料も考慮すると割に合わないので、それよりは一括で買ってくれる店を探した方がいいと思って、貴金属のメッカである御徒町まで行ってきました。

そこでは、金の買取を専門とするプロのスタッフが査定を担当してくれました。

純度を測定するための比重検査、試金石検査など様々な手段を用いて、無事に全ての金製品を買い取ってもらうことができました。

高級品の代名詞でもある金とプラチナ。

しかし、どちらがより高いのかは普段意識することがないでしょう。

プラチナの方が原則的には高価です。

理由としては、市場規模の小ささに加え、金と比べて特定の地域だけに偏在していることや、総生産量の圧倒的な少なさが多分に影響しているのです。

人類が現在までに産出したプラチナの量は、金の30分の1に過ぎません。

金とプラチナは、いずれも安定した分子構造を持ち決して経年劣化がないので、遥か昔から、世界中の至る所で富の象徴となってきましたが、全世界の埋蔵量が非常に少なく、人工的にも作り出せないという希少性が、1グラム5000円を超えるほどの高値の理由になっています。