読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

一口に金と言っても、その純度によ

一口に金と言っても、その純度によって色々な種類があります。

よく聞く「24金(24K)」というのは純度100パーセントの金を指します。

銀や銅など他の金属との合金であるものは、「18金(18K)」などの表現になります。

18Kは24分の18という意味ですから、つまり75パーセントが金です。

割金(金以外の部分)の種類や混合比率によって金の種類は変わります。

18Kレッドゴールドなら銅が多め、18Kホワイトゴールドならパラジウム入りなどのバリエーションがあります。

手持ちの金を買取してもらうときに、こうした純度によって価値が違うということを覚えておきましょう。

最近は金買取を掲げるお店が増えてきましたが、そこでは多種多様な品物を売却することができます。

金買取というとおカネ持ちの世界という気がしますし、豪華な屋敷の金庫に入っている金の延べ棒などを思い浮かべる場合がほとんどかもしれませんが、案外、庶民の生活の中にも金製品は溢れているのです。

メガネや金歯などもその一例です。

メガネのフレームで金が使われているものや、古い金歯などにも価値をちゃんと付けてくれる店が多いです。

現在の金相場は、1グラムいくらという形で表され、現在は約5000円ほどですが、純金でなければ当然それより安い額になります。

これが例えば18金(75%の合金)のアクセサリーなどであれば、大体3500円ほどになります。

なので、高額の取引が発生する量、例えば200万円以上になるような18金の重さというのは、単純計算で550グラムから600グラムほどでしょうね。

18金より安い10金のジュエリーも最近は増えてきましたが、24分の10は約41%ですから、純金が5000円なら10金は2000円程度です。

買取額が200万円を超えるためには1キロほども必要です。

ちょっと現実的ではないですね。

買取店にとって真贋鑑定は重要です。

時として、一般の人が買取に持ち込んだ金製品が、実は偽物だったという場合もあります。

本物の金そっくりに巧妙に偽装された金メッキ製品で、プロの鑑定士を欺こうとしてくる悪質な手口もあります。

しかし、磁石による検査、刻印周りのキズでも判別できますし、比重計を使えばそれが金かどうか、純度は何%かなどが容易に判別できます。

タングステン合金で作られた偽物などは比重計でも判別できませんが、昔から使われている試金石検査という方法ならば、金の表面を少し削り取ることで、簡単に見分けられます。

この方法は江戸時代には既に使われていたといいます。

金買取業者の中には、ネットでの申し込みを受け付けているところがあります。

サイト上で大体の買取価格を載せているケースも多く、お客さんにとっては便利ですよね。

店頭での買取でも身分証を提示しますが、郵送で買取してもらう場合も、身分証のコピーを送らなければならないことが法律で定められています。

できる限り高額で手放すためには、念入りに業者を探さなければなりません。

査定にかかる手数料や、目減りによる減額が引かれないところも多いですから、それも主軸としてお店選びを進めるといいでしょう。