金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

金は高級品というイメージがありますが

金は高級品というイメージがありますが、実は私達の身の周りにも金でできていたり、一部に金が使われている製品が結構たくさんあったりします。

例を挙げれば、歯医者さんで付けてもらう金歯がそうですね。

金買取のお店では、こうした製品もちゃんと買い取ってくれます。

モノが金であれば、形状は何でもいいというわけです。

ちょっと豪華なランチ代程度の臨時収入も夢ではないので、歯医者さんで治療を受け、金歯が不要になったときは迷わず買取に出してしまいましょう。

リーマンショックギリシャの経済危機に伴って高騰している金相場。

今は1グラム5000円ほどです。

これはあくまで純金の価格ですから、純度によって額は下がります。

例えば18金なら、純金の75%の価格、つまり約3500円です。

100グラムで35万円ですから、仮に200万円以上に達するには、必要な量は600グラムほどです。

指輪なら数十個、昔流行った喜平ネックレスでも5本以上は必要でしょう。

10金のアクセサリーをお持ちの方もいるかもしれませんが、10金までいくと純度は半分以下の41%程度。

1グラムあたりの価格は2000円ほどです。

1キロほど寄せ集めないと200万円にはなりません。

今は金の価値が上がっている時代です。

金製のアクセサリーなどは、十年以上前に買ったものでも、今では飽きてしまったなどの理由でさっぱり身に着けなくなってしまったものもあるでしょう。

家にそういうものがあれば、金買取のお店で売ってしまうのも正解でしょうね。

でも、ここで落とし穴があります。

メッキ加工の偽物の場合もあります。

そういう事態に直面してしまったら、泣き寝入りするしかないですね。

純金以外にも、金には沢山の種類があることを知っていますか。

金の純度は伝統的に24分率で表現され、純金でなく他の金属との合金の場合は、18Kなどと表現します。

「18金」などと言われるのはこれですね。

金の割合が75パーセントなら、100分の75ですから24分の18で、18Kになります。

18Kの中でも、金に何をどれだけ混ぜるかによって種類が変わり、銀と銅がほぼ同量ならイエロー、銅が多ければレッド、銀が多ければグリーンなどと変化します。

ある金製品が幾らで売れるかの目安として、結果を左右するのは純度というわけです。

相場よりも高い金額で金を買い取るという宣伝を信じて買取を利用してみたら、納得できないような安い金額で最後は半ば強引に買い取られてしまった、などのケースはよく耳にするところです。

誠実なお店ならよいのですが、一部ではこうした悪質なことをしている店も少なくないようですから、店を選ぶ際には慎重になりすぎるくらいが丁度よいでしょう。

こういう悪質な店に当たってしまったときは、次の被害者を防ぐためにも、消費者センターに事態を報告するべきでしょう。