金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

金に限った話ではないですが、

金に限った話ではないですが、古物買取においては、多くの店では買取時の身分確認を徹底しています。

お店に直接持ち込む場合はもちろんですが、商品を先に送ってお金を振り込んでもらうなどの形式でも同様です。

最も一般的なのは免許証ですが、他にも保険証などの身分証で身分確認を行うことが法律で義務付けられています。

商品を郵送で送って買い取ってもらう場合は、身分証の写しと合わせての発送で必要な手続きに変えるというのが普通です。

金買取は、直接店に行かなくても、ネットでも可能です。

サイト上で大体の買取価格を載せている業者も多いようです。

郵送などで買い取ってもらう場合も、店頭の場合と同様、買い取ってもらう品物と合わせて、身分証のコピーを送ります。

出来る限り高い値を付けてもらうには、条件の良いお店を選ぶことが大切です。

鑑定料や、買取時にかかる手数料を取らない店も中にはあるため、そうした情報も参考にして、売却するお店を選ぶといいです。

最近、国際価格の高騰に伴って金の買取相場が上昇しているようなので、買取に出す場合も多いでしょう。

金を売却した際には、例外も多いですが、基本的には確定申告をしておかなければ後々面倒なことになります。

インゴットなどの地金を売却した際の利益は、事業でなければ「譲渡所得」として計上されますが、50万円の控除枠があるので、所得のうち50万円までは非課税です。

一年間の譲渡所得や他の利益の合計が50万円を上回らなければ、税金はかかりません。

また、年収2000万以下のサラリーマンでその他の所得も20万円以内なら、確定申告も必要ありません。

相場よりも高い金額で金を買い取るなどと言うからお店に行ってみたら、全くそんなことはなく、むしろ相場より低い額で無理やり売却させられてしまったなどの話はネットを見ていても散見されます。

多くの業者は真っ当に商売をしていますが、中には残念ながら違法スレスレの商売をしている店もあるので、少しでも怪しげなところは利用を避けるべきです。

黙って泣き寝入りするのが嫌な人は、消費者センターに相談すれば、調査、是正勧告などをしてもらえることと思います。

金の買取店舗を選ぶ際に参考になるのが、金額のシステムです。

手数料や「目減り」などを買取金額から差し引いてくるところと、それらが無料のところがあります。

買取時、こういった費用を取る店だったら、色々な名目で買取額が減額されて、現実に買取額として受け取れる金額は少なくなります。

なんだか、業者にしてやられたような気分になります。

買取を利用する際には、どういう費用が発生するかは事前に確認しておくことです。