読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

多くの金買取は法律に則って誠実に行

多くの金買取は法律に則って誠実に行われていますが、一方で、一部では悪質な詐欺の事例も存在しています。

中でも「訪問購入」のケースは悪質なものが多いので気を付けましょう。

主婦やお年寄りを狙って家を訪問し、要らない金製品を買い取るとゴリ押しするものです。

こうした訪問購入は近年問題視され、法規制もされていますが、買取価格も異様に安かったり、ひどい場合には現金すら渡さず、粗品と引換にされてしまうケースもあります。

話に応じる素振りを少しでも見せると、後が面倒なので、はっきり断って追い帰すようにしてください。

初めて金買取を利用する方が必ず気にされることといえば、相場というか、現実に何円くらいの価格での買取が見込めるのかという一点に尽きると思います。

基本的な算出方法を以下に示します。

金の国際価格はドルで表されています。

それを1トロイオンス(約31グラム)で割って、さらにドルと円の為替レートを掛けます。

すると、日本国内の金価格が算出できます。

買取で損しないためにも、こうした計算法や相場を知っておいて、店舗に出ている買取価格が適正な数字かどうか判るようになっておけば怖いものなしですね。

最近はどこでも金買取の店を見かけるようになりました。

利用時の注意点は、悪質な店に騙されないよう、お店選びに慎重になることです。

最初に目が行くのは買取金額かもしれませんが、周りの口コミやレビューなどから、その店の信頼性をよく調べてから利用しましょう。

少しでも怪しげな点がある店は買取を依頼するべきではありません。

中には高価買取を謳う広告もありますが、それで客を釣っておいて、いざ査定の段で様々な手数料を取ろうとする店もあるので、できれば見積に出す前に確かめられるといいでしょう。

ここ十年くらい、いわゆる「金プラ買取」系の宣伝を街中でもよく見かけるようになりました。

実店舗のみならず、ネット上でもそういう広告が増えていて、「金製品 買取」や「プラチナ 買取」といった言葉で検索したら、買取ショップの広告がごまんと出てきます。

もう使わない宝飾品が少しでもお金になるのなら、売る店がどこでも大して変わらないだろうという考えはもっともですが、金の相場が大きく変われば当然、買取金額にも影響が出るので、相場を見て、最適のタイミングを狙って売るといいです。

デザインが古いとか、年齢が合わなくなったとかで、もう使わない貴金属のネックレスや指輪などを持て余している人は案外多いようです。

最近は金やプラチナの買取を掲げた店が多いので、利用してみてはどうでしょうか。

金やプラチナの買取を扱っている店舗を探し、公開されている参考買取額をもとに、一番高く売れるのはどこか、比較検討するのが賢いやり方です。

鑑定料や手数料、目減り分の減額も店によって異なるため、手数料の有無などは必ずチェックしてください。