読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

金の相場価格はネットでも簡単に見るこ

金の相場価格はネットでも簡単に見ることができます。

今は1グラム5000円くらいですね。

純金でなければ当然それより安い額になります。

これが例えば18金(75%の合金)のアクセサリーなどであれば、5000円×75%なので3500円くらいでしょうか。

そのため、例えば200万円以上の額面に達するには、必要な量は単純計算で550グラムから600グラムほどでしょうね。

また、さらに安価な10金のアクセサリーの場合ですと、これはもはや金の純度が半分以下。

価値は1グラムあたり2000円強にしかなりません。

買取額が200万円を超えるためには1キロほども必要です。

ちょっと現実的ではないですね。

最近はどこでも金買取の店を見かけるようになりました。

利用時の注意点は、誠実で信頼できるお店を選ぶことです。

広告に出ている買取額以上に、様々な観点から、その業者が信用できるかどうかを十分見極める必要があるでしょう。

ちょっとでも悪評判が付いている店はどんなに広告の文句が良くても、利用してはいけません。

素人は買取金額が高いお店に飛びつきがちですが、それで客を釣っておいて、いざ査定の段で様々な手数料を取ろうとする店もあるので、電話で問い合わせるなどしてよく調べてください。

最近、国際価格の高騰に伴って金の買取相場が次第に上がってきているので、専門店で買い取ってもらったという時、自営業の方は勿論、サラリーマンの方でも場合によっては確定申告をしておかなければ後々面倒なことになります。

インゴットなどの地金を売却した際の利益は、事業でなければ「譲渡所得」として計上されますが、インゴットなどの地金の売却であれば、50万円までは控除されて非課税になります。

一年間の譲渡所得や他の利益の合計が50万円を上回らなければ、税金はかからないということになります。

全世界を混乱に陥れたリーマンショック

その時からここ数年で、ゆっくりとではありますが、金を買取に出す際の買取価格が高くなってきました。

加えて、ここ最近、ギリシャ国内では、経済危機が限界に達したため、銀行預金が自由に引き出せなくなってしまいました。

このことも、先のリーマンショックと同じく、買取市場における金の価格が上昇する要因となったと推測されます。

残念ながら金買取には悪質なケースもあります。

業者が家を訪れ、言葉巧みに金の買取を持ち掛け、相場より遥かに安い価格で買い取っていく、押し売りならぬ「押し買い」とでも呼ぶべきケースが増加しており、警察や消費者センターの対応も追いついていないようです。

まるで持ち主に利益があるかのようなことを言い、簡単に応じないと見るや、一転して強引な態度に出て、金を買い叩くことがあります。

こうした業者は、ハナから真っ当な取引をするつもりなどなく、見積書や契約書などの書面を渡してくれないケースも多いので、被害に遭わないよう十分注意してください。