読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

昔貰ったけどもう使わない、というネックレスをおカ

昔貰ったけどもう使わない、というネックレスをおカネに変えたいと思っている人は、刻印を確認してみましょう。

金製品にはほぼ必ず、製品のクオリティを示すため、「K24」などの文字が刻印されています。

数値が大きいほど、純度の高い金です。

「K○」は24分の○が金という意味、つまりK18なら金は75パーセントだと思えばほぼ間違いありません。

金に限らずプラチナなどの貴金属では、純度の割合で市場価値は変わってくるということです。

最近メジャーになっているのが、ネットで申し込める、金買取の郵送買取サービスです。

このサービスは、売りたい商品を郵送や宅配便で業者に送り、あとは店頭に持ち込んだ場合と同様に査定を受けるというものです。

買取額の通知を受けたら、売却を決定するか、額が低いと思えば無償でキャンセルできます。

店まで行くのが大変という人も多い店頭買取と違って、時間や地域の制約を受けることもなく、周りに買取店が無い人はもちろん、忙しくてお店に行けない人から好評を得ています。

近頃は、多くのお店で金買取を取り扱うようになったので、昔より利用を検討しやすくなりました。

貴金属は相場の上下によって売却額が大きく変動しますから、現在の価格をチェックして、最適のタイミングで売りましょう。

また、買取価格から手数料や鑑定料が引かれる場合もありますから、他と比較検討しないままお店を決めたら、他の店と比べて大幅に買取額が下がることもあります。

ちなみに、自宅をいきなり訪問して金の買取を行う「訪問購入」の業者は、相場より大幅に安い額での買取を無理に迫ったりするので論外です。

貴金属はどうやって保管すればいいのでしょうか。

大資産家はともかく、普通の人は自宅に保管しておくことになりますが、金庫くらいは無ければ安心できないでしょう。

アクセサリー程度ならともかく、大量の金を保有しておくなら、やはり自宅保管では心配なので、取引のある銀行で貸金庫を借りている例も多いですし、最近では金を買った会社に有料で保管を依頼することもできます。

そうは言っても、どの方法にも一長一短あると思いますから、気になる方は思い切って専門店に売却して現金化するのも選択肢の一つです。

金やプラチナなどの貴金属製品をどこかに売却したいというときには、次のことに気をつけてください。

金の価値は相場でも変わる上、持ち込む店舗により、鑑定料や手数料を引かれた、実際に受け取る買取金額は全く異なるという点です。

WEBサイトに載っている情報などをくまなく調べ、お店選びを熟慮して判断するべきでしょう。