金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

買った頃とは好みやセンスが変わった、

買った頃とは好みやセンスが変わった、時代遅れになったなどで、今では全然身に付けていないという金製品をただタンスの奥に仕舞っておくのは何だかもったいない気がしますよね。

「でも実際使わないし。

」そんなあなたには、買取をやっているお店に持ち込んでみましょう。

一例として金の買取の場合を考えてみます。

純金(K24)なら、現在の相場は1グラムあたりおよそ4800円であり、買取相場は一般的にその価格より若干安くなるとはいえ、買取と言って一般にイメージされるよりはずっと高い金額で手放すことができるでしょう。

長いこと自宅に眠っている金製のネックレスの売却を望む方は、刻印を見てみるのがいいと思います。

市場において金の純度を証明するため、製品のクオリティを示すため、「K24」などの文字が刻印されています。

よく「18金」や「24金」などと言われるのがこの数値です。

含まれる金の割合は、K24で100%、K18で75%だという意味です。

金やプラチナ、シルバーなどでは、全て純度により市場価値は変わってくるということです。

お手元の金製品を買い取ってもらうにあたり気に留めておくべきことは、買取価格の相場を把握することに尽きます。

安く手放しすぎて後から悔やまないためにも、相場を小刻みに確認しておき、最適のタイミングで買取に出しましょう。

申し込む時の相場によって、買取価格が決まることがほとんどです。

上手く相場の波に乗り、高値で売れるようになれば一人前です。

自宅にある貴金属を買い取ってもらう場合は、買取ショップに売りたいものを直接持っていく形式が普通ですね。

目利きに長けた専門家がその場で鑑定を行い、その場で現金を受け取れますから、郵送買取などと違って安心できます。

売る前に、入念に査定額の説明などをしてくれるお店も少なくないですから、その場でよく考え、本当に納得してから買取してもらうことが可能なのです。

近年、金の買取ショップが増え、買取価格が全体的に上昇しているようなので、買取に出す場合も多いでしょう。

金を売却した際には、例外も多いですが、基本的には確定申告が必要なケースが出てきます。

売却の利益、つまり買取価格から購入時の価格や諸費用を引いた額は税務上、譲渡所得として確定申告の対象となりますが、50万円の控除枠があるので、所得のうち50万円までは非課税です。

色々と複雑な計算はありますが、要約すると、50万円以下の譲渡所得であれば全額控除が可能なので、金売却に税金はかかりません。