金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

この前、金買取の業者からウチに

この前、金買取の業者からウチに電話がありました。

勧誘の電話にも色々あるとはいえ、そういう電話は初めてだったので、話だけでも聞いてみることにしました。

そうすると、アクセサリーなどの貴金属や宝飾品で、ずっと身に付けていない品があったら買い取ってくれるという内容でした。

そういえば金のアクセサリーがあったなあと思い、そのお店の名を控え、ネットでも調べてみました。

ここ数年、金の市場価値が上がり続けているようなので、専門店で買い取ってもらったという時、その金額や状況によりますが、これを譲渡所得として、確定申告を行わなければなりません。

金の売却によって生じた利益(売却額から購入時の価格や雑費を引いたもの)は、通常は譲渡所得として総合課税に含まれるのですが、インゴットなどの地金の売却であれば、50万円までは控除されて非課税になります。

一年間の譲渡所得や他の利益の合計が50万円を上回らなければ、課税はありません。

あなたが一般的なサラリーマンで、譲渡所得20万円以内なら、基本的に確定申告をする必要もないのです。

金の買取を利用する上で、気にすることは、誠実で信頼できるお店を選ぶことです。

金額だけを前面に出した広告に釣られることなく、怪しげな店ではないか、本当に信用していいのかを十分見極める必要があるでしょう。

ネットのレビューで評価が低い店などはどんなに広告の文句が良くても、利用してはいけません。

中には高価買取を謳う広告もありますが、鑑定料や手数料と称してお金を取る店もあるので、事前に入念に確認することが大事です。

金買取店は最近増えてきましたが、田舎に住んでいるなどで生活圏内には買取店がないこともあります。

そんな方は、ネットを通じた郵送買取を利用してみましょう。

まずは住所・氏名などを書いてフォームで送信することで、郵送用の梱包パックが手元に送られてきます。

その後、それに売却したい金製品を入れて返送するだけでOKです。

数日と経たない内に、買取額を通知するメールなどが届きますから、承諾の返事をした時点で買取が成立となり、買取代金が振り込まれます。

これならどこに居ても利用できますね。

純金以外にも、金には沢山の種類があることを知っていますか。

カラットの略であるKを用い、純金なら「24K」などと表現します。

金の純度が100%未満であれば、18Kなど、数字が24以下になります。

例えば18Kなら、24分の18なので、金は75%ということになります。

そして、金に何を混ぜているかによって、金の色や呼び方が違うのです。

銅と銀を同量ずつ混ぜたイエローゴールドをはじめ、レッド、ピンク、グリーン、ホワイトと色々な種類があるのです。

金を売りたいなら、こうした純度によって価値が違うということを覚えておきましょう。