読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金の買取

金の買い取りについて詳しく解説していこうと思います

要らなくなった金のネックレスがいくらで売れるか

要らなくなった金のネックレスがいくらで売れるか気になる人は、刻印を見てみるのがいいと思います。

ニセモノの金でなければ、金のグレードを証明する「K24」などの文字が刻印されていることが多いです。

よく「18金」や「24金」などと言われるのがこの数値です。

含まれる金の割合は、K24で100%、K18で75%というのが一定の目安になります。

同じ金製品でも、何割の金が含まれているかによって販売や買取における価格が大きく変わるのです。

リーマンショックからこっち、金の価格が高騰している今では、多くのお店で金買取を取り扱うようになったので、昔より利用を検討しやすくなりました。

その時の相場に基づいて買取額は決まるため、相場の情報を定期的にチェックするようにしましょう。

さらに、お店によって鑑定料や手数料のシステムも異なるので、考えなしに店を決めようものなら、後からひどく後悔するケースも有り得るのです。

ちなみに、自宅をいきなり訪問して金の買取を行う「訪問購入」の業者は、詐欺の可能性も高いので避けておきましょう。

金買取のシステムは店によって千差万別です。

買取額の何パーセントといった手数料や、鑑定の費用などを買取時の金額から差し引いてくるお店も少なくないようです。

手数料を設けている店に買取を依頼すると、当然、そのぶん本当に自分が受け取れる額は結局、低額になってしまいます。

なんだか損した気分になりますね。

皆さんも、利用するお店を選ぶときには、事前にこのあたりを確認しておきましょう。

買取ショップに金を持ち込む時、一番大事なことといえば、相場というか、現実に何円くらいの価格で売却できるかという一点に尽きると思います。

金の純度や加工によって価格は異なるのですが、金そのものの価格の計算法は決まっています。

その時点での金の国際価格を、1トロイオンス(およそ31グラム)で割って、ドル円レートを掛ける。

これによって日本国内の金価格が計算できます。

買取で損しないためにも、こうした計算法や相場を知っておいて、買取店の提示している価格が妥当なものか自分で見極められるようにしておきたいですね。

買った頃とは好みやセンスが変わった、時代遅れになったなどで、もう何年もご無沙汰という貴金属のアクセサリーを何もせず放っておくのはあまりに惜しい気がします。

「でも実際使わないし。

」そんなあなたには、買取を扱っている店に売りに行くのはどうでしょうか。

金製品ならどこの店でも買取可能なことが多いです。

24カラットの純金の場合、購入時の相場はグラム4800円くらいでしょうか。

その流通相場よりは若干安い買取額にはなりますが、買取と言って一般にイメージされるよりはずっと高い金額には十分なることと思います。